吉田麻也「アホなこと...」W杯へ日本VAR対策急務

吉田麻也「アホなこと...」W杯へ日本VAR対策急務

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

10日の日本―ブラジルの前半、ビデオ判定の結果、警告を受けPKを与え主審に抗議する吉田(中央)。左は長友

ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の“怖さ”を日本も味わった。前日ブラジル戦の開始早々に初めて体験。DF吉田のファウルがVARで認定され、3失点崩壊につながるPKを献上。後半は、DF酒井宏と競ったFWネイマールに警告が出た。ただ、こちらはピッチ中央で大勢に影響がないのに、1分ほど待ち時間が発生。観客席からブーイングが飛んだ。

吉田は「アホなことした」と猛省した上で「イングランドだったら全員ファウル。なぜ(肉弾戦が好まれる)プレミアがVARを導入しないか分かった」と戸惑った。一方で「自分の理解不足が悪い。本大会でもやるんですよね?」と報道陣に逆質問した。FIFAのインファンティノ会長が「サッカーの未来」とまで言い、W杯で導入する見通し。新システムを無視するわけにはいかなくなった。

日本戦の前夜に行われたW杯欧州予選プレーオフ・スイス-北アイルランド戦では、スイスの選手のシュートがDFの右肩後部に当たり、決勝PKを獲得。北アイルランドの監督が「VARがあれば…」と嘆き、物議を醸した。JリーグではW杯翌年の19年から導入する可能性を模索しているが、直近のW杯まで残り7カ月。世界との差を詰めるだけでなく、VAR対策も急務となった。【木下淳】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【黄金世代】第5回・本山雅志「その疾きこと、赤い彗星のごとし」(♯1)
<サッカー>韓国代表監督、最も重視するのは日本戦=「日本に勝つために準備」―中国メディア
Jリーグアウォーズのゲストプレゼンター決定!ハリルや選手権応援マネ・高橋ひかるら
手越祐也に称賛、本田圭佑へ「真剣インタビュー」
サッカー香川真司“代表落ち”の理由は「ハリルとの大ゲンカ」!? ウワサの真相に迫る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加