井上尚弥、3階級制覇 瞬間最高視聴率10・7%は試合終了後...衝撃の112秒殺で見逃し続出

井上尚弥、3階級制覇 瞬間最高視聴率10・7%は試合終了後...衝撃の112秒殺で見逃し続出

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/05/28

25日、ボクシングのダブル世界戦を生中継したフジテレビ「金曜プレミアム・FUJI BOXING 井上尚弥3階級制覇挑戦&拳四朗V3戦」の平均視聴率が7・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが28日、分かった。瞬間最高は午後9時32分の10・7%だった。

No image

1R、ラッシュで王者をTKO。世界に3階級制覇をアピールする井上尚弥(撮影・長久保 豊)

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25=大橋)が10年間無敗だった前王者ジェイミー・マクドネル(32=英国)に1回TKO勝ち。世界3階級制覇を国内最速の16戦目で達成した。WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(26=BMB)も3度目の防衛に成功した。

井上は衝撃の112秒TKO勝ち。瞬間最高をマークした午後9時32分時点ではすでに試合は終了しており、井上のインタビューが始まろうとしていた。快挙の瞬間を見逃した視聴者も少なくなかったようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
K1村越優汰、決勝で西京春馬破りフェザー級王者に
ビンス・マクマホン 世界征服と開拓のパラドックス――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第100話(最終話)>
至学館大 栄監督“ランチ解任”「反省できていないと思わざるを得なかった」
栄和人氏解任、志学館大学長「期待外れで反省なし」
千原せいじ、昼メシで同じ卓に栄監督いた「初めて会った」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加