パナ、無念準V...4点届かず今季初黒星 FL布巻「強かった」/TL

パナ、無念準V...4点届かず今季初黒星 FL布巻「強かった」/TL

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/14

日本選手権兼トップリーグ決勝トーナメント決勝(13日、サントリー12-8パナソニック、秩父宮=観衆2万3416)逆転を懸けた猛攻は後半ロスタイムに突入。敵陣22メートル内でのラインアウトからモールでトライを奪いにいったが、密集の中で楕円(だえん)球が前にこぼれた。パナソニックの挑戦が終わった。

「サントリーが強かった。去年の(決勝の)負けから成長してきたが、届かなかった」

FL布巻峻介主将が潔く認めた。リーグ戦を唯一の全勝で突破。サントリーも昨年10月には21-10で退けた。自信を持って臨んだが、王座には4点届かなかった。

昨季決勝でサントリーに10-15と惜敗。チームは思い切った世代交代を図った。主将を現在31歳のHO堀江翔太から25歳の布巻に変更した。

理想は2007-09年度に日本選手権3連覇を果たした三洋電機時代のチーム。選手主導で意見を言い合い、15人全員で守り、15人一体となって攻めるのが伝統だ。

堀江は「この敗戦が若いチームをもっと強くする」と、巻き返しを誓った。世代交代の1年目は準優勝。来季こそ、この日の4点差を乗り越え、3季ぶりの王座奪還を果たす。 (吉田宏)

No image

王座奪回はかなわず、パナソニックのフィフティーンは肩を落とした

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【悲報】狩野英孝さん、ライオンに噛まれる
NHKが家に来ても、揉めずに1秒で帰ってもらう「魔法の言葉」が話題に!
満員電車でイラッとすることが、共感できるけどブッ飛んでいた!
とろサーモン久保田の元妻、久保田との再会を拒否「絶対無理」
医者もやってるインフル対策が水を飲むだけで「簡単すぎ」と話題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加