2016年に発表された日産レスキュー・トラック「エンガード」がカッコよすぎ 今日は何の日: #9月25日 を振り返る

2016年に発表された日産レスキュー・トラック「エンガード」がカッコよすぎ 今日は何の日: #9月25日 を振り返る

  • autoblog
  • 更新日:2018/09/25
No image

9月25日、火曜日。1985年(昭和60年)の今日、奈良県斑鳩町の藤ノ木古墳で石室と家形石棺が発掘されたと発表されました。法隆寺の近くにあるこの円形古墳は、同年7月から発掘調査をしており、年末までに金銅製鞍金具や武器・武具類、鉄製農耕具などの副葬品を発見。未盗掘状態の古墳であったことと、貴金属を使った副葬品が多かったことから、権力者が石棺内に埋葬されている可能性が高く、大いに話題となりました。

3年後にファイバースコープによる石棺内の確認が行なわれたあと、石棺を開口して内部調査が行なわれました。石棺からは2体の人骨とともに、太刀や剣、金銅製冠、銅鏡、ガラス玉など大量の副葬品が確認されたため、その後これらの出土品は重要文化財に指定され、2004年には国宝に指定されました。ただ、現在までも埋葬された2体が誰なのかはわかっておらず、推測の域を脱していません。

それでは、本日も過去を振り返っていきましょう。

2017年

・ポルシェのDNAが込められたスーパーヨット、価格は約16億円

・ジャガー、ドローンが100km/h近い速度で新型「XJ」の後部座席を通り抜けるレースを開催

・ランドローバーの新型「ディスカバリー」が、総重量110トンにもなるオーストラリアのロードトレインを牽引

2016年

・山道で行われたドリフト競技を、360度カメラで撮影

・1990年型スバル「XT(アルシオーネ)」を、ロサンゼルスの廃車置場で発見

・日産、最先端技術を満載したレスキュー・トラック「エンガード」を発表

2015年

・ロールス・ロイス、ラグビーの歴史を礼賛する「レイス」の特別仕様車を発表

・大型高級ヨットに積むための軽量スポーツカー、BAC「Mono マリーン・エディション」

・フォルクスワーゲン、北米仕様の新型「パサート」をこの大変な時に発表

2014年

・パリ・モーターショーに先駆け、オペルが新型ホットハッチ「アダムS」を発表

・アストンマーティン「DB5」の純金メッキが施されたモデルカーが980万円で落札

・燃費は26.5km/Lを達成したジャガー、「XE」に搭載する新開発エンジンの概要を発表

本日気になった見出しはいろいろとありますが、2016年の『日産、最先端技術を満載したレスキュー・トラック「エンガード」を発表』がなかなかカッコイイですね。ピックアップ・トラックNP300/ナバラのダブルキャプ仕様をベースにした車体には、日産「リーフ」と同じ7基のバッテリー・モジュールを搭載。7つのコンセントがあり、電動重機に動力を供給できるようデザインされています。LEDルーフライトや強力なウインチも搭載し、DJI製のドローンからの映像は、備え付けの20.5インチHDディスプレイで確認できます。救命用装備もキレイに収納されており、映画の中で登場しそうなセンスのよさです。

もう1つ、同じ2016年の『山道で行われたドリフト競技を、360度カメラで撮影』は、まるで漫画『頭文字D』を見ているかのような峠対決のドリフト走行が見られます。360度カメラでの撮影のため、好きな方向の映像を楽しめるので、ぜひ堪能してください。

さて、今日からまたお仕事スタートです。9月ももう今週で終わりですので、気合い入れていきましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大ピンチ! 巨象・パナソニックを追い詰める「中国企業」の正体
作業服の「ワークマン」が始めた新業態に若い女性も殺到する理由
エム・テックの債権者説明会、創業者は出席せず 一部で怒号も
3店閉鎖の三越伊勢丹、大丸松坂屋と明暗を分けた「脱・百貨店」
IMFが公表した日本の財政「衝撃レポート」の中身を分析する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加