今年の確率100% 池江璃花子 連日の日本新も「ここからだと思う」

今年の確率100% 池江璃花子 連日の日本新も「ここからだと思う」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/14

競泳女子の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が14日、東京辰巳国際水泳場で行われた短水路(25メートルプール)の競技会に2日連続で出場。前日に続き、この日も出場2種目で日本新記録を更新。今年100%の確率で日本新を叩き出す国内最速の17歳は「まだ始まったばかり。ここからだと思う」と表情を引き締めた。

No image

今大会3種目で日本記録を樹立した池江

前日は200メートル自由形と50メートルバタフライ、この日は200メートル個人メドレーと100メートル自由形で樹立。100メートル自由形で池江の隣レーンで泳いだ17年世界選手権女子200メートル個人メドレー銀メダリストの大橋悠依が、ゴール板をタッチして「バケモンかよ」と思わず口にするほど、周囲も驚く成長ぶり。これには指導する村上コーチも「1回の大会で4発(日本新を)出すなんて聞いたことない」と目を丸くした。

自己ベストを更新し続ける要因を聞かれると池江は下半身を鍛えたことよるスタートのスピードアップとターンなどの改善を挙げた。そして、「練習をいざ頑張るぞとなった時、態度と気持ちが(以前と比べて)変化している」と精神面の成長も口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】ほぼ毎日ラーメンを食べる「1日1杯野郎ラーメン生活」を1か月間してみた結果
『雪を食べてはいけない』は常識! 極地ではどうするのか冒険家に尋ねたら意外な答えが!? 「そんな非効率なことしない」
少女が歩道橋から飛び降り 脅され妹の身代わりに
小室哲哉の不倫&引退会見があらわにした、フジテレビほかマスコミの“勝手な”認識
インフルエンザ20分おきに「あること」を行うだけで予防に繋がる!?簡単な予防法が話題に!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加