“天理のバレンティン”神野、2打席連続本塁打

“天理のバレンティン”神野、2打席連続本塁打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

2回天理無死、天理・神野が中越えに先制ソロを放つ(捕手 大垣日大・都筑)=甲子園(撮影・山口登)

「全国高校野球選手権・2回戦、大垣日大-天理」(13日、甲子園球場)

“天理のバレンティン”こと、4番・神野太樹外野手(3年)が、2打席連続本塁打を放った。大会史上33人目(35度目)。12日の神戸国際大付(兵庫)・谷口に続いて、2試合連続の2打席連続本塁打となった。

先頭の二回は中堅右へ先制ソロ。五回1死も左中間へアーチを描いた。

神野は色黒で、ユニホームは隆起した筋肉でピチピチ。“本家”とは反対側だが、右目の下にはほくろもある。その風貌から、チームメートに「バレンティン」と呼ばれている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
西武菊池の反則投球に回答「ハーフスイングと一緒」
仙台育英、九死に1勝!背番16・馬目が“控えの意地”で決めた
20日の予告先発 ホークスVS楽天第3戦は辛島VS武田、DeNA濱口VS巨人畠
西武・多和田 2戦連続完封 2位・楽天の背中見えた1.5差
  • このエントリーをはてなブックマークに追加