BMW 1シリーズと2シリーズクーペ、新世代エンジンを搭載

BMW 1シリーズと2シリーズクーペ、新世代エンジンを搭載

  • レスポンス
  • 更新日:2016/11/30
No image

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW『120i』および『220iクーペ』に、新世代4気筒ガソリンエンジンを新たに搭載し、11月30日より販売を開始する。

今回、両モデルに搭載するのは、新世代モジュラーエンジンの2.0リットル直列4気筒BMWツインパワーターボガソリンエンジン。ツインスクロールターボチャージャーに、高精度ダイレクトインジェクションシステム、無段階可変バルブコントロールシステムなどを組み合わせた最新のBMWツインパワーターボテクノロジーを採用。最高出力184ps、最大トルク270Nmを発生する。

また、両モデルの燃料消費率(JC08モード)は15.9km/リットルの低燃費を実現。エコカー減税対象モデルとして、自動車取得税が40%、重量税が25%減税される。

価格は418万円から502万円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
ユニクロに1年潜入取材してみた!
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
電通“長時間労働”解消へ1割を人事異動へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加