湯浅政明監督の3作品が北米公開へ!『夜明け告げるルーのうた』など

湯浅政明監督の3作品が北米公開へ!『夜明け告げるルーのうた』など

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2018/01/11
No image

北米公開決定!(画像は『夜明け告げるルーのうた』より) - (C) 2017ルー製作委員会

2017年アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門でクリスタル賞(最高賞)を受賞したアニメ映画『夜明け告げるルーのうた』を手掛けた湯浅政明監督の3作品が、米配給会社GKIDSにより北米配給されることが明らかになった。

その3作品とは『MIND GAME マインド・ゲーム』(2014)、『夜は短し歩けよ乙女』(2017)、『夜明け告げるルーのうた』(2017)。『MIND GAME マインド・ゲーム』はGKIDSと STUDIO 4℃ が契約を交わし、『夜は短し歩けよ乙女』と『夜明け告げるルーのうた』はGKIDSとフジクリエイティブコーポレーションが契約を交わし、2018年中に3作品全てを北米で配給することが決定した。

今回の決定について、GKIDSの社長デイヴ・ジェステッド氏は「GKIDSは、北米の湯浅監督のファンに3作品も配給できることに非常に興奮している。これまで湯浅政明監督の忘れ難い創造的な才気を楽しむ体験ができなかった人々には、大いに楽しむことのできる作品になるだろう」とコメントを残している。

なお、『夜明け告げるルーのうた』は英語吹き替え版も製作され、これから開催されるサンダンス映画祭で北米プレミア上映が行われる予定だ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長澤まさみに女優主演賞、良作との出合い喜ぶ「運あると思う」
クライアント「2週間かかるものを明日提出してほしい」 どんどん荒くなるイラストが不条理ビジネスあるあるだと話題に
映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』、いろいろと不謹慎(R15+)な予告編が公開。主題歌は尾野真千子
【衝撃】タイムトラベラーが西暦6000年に撮影した未来写真が公開される! 4000年後は想像を絶する“バラ色の世界”だった!?
ミポリン&谷原、檀れい&筒井が「ママレード・ボーイ」で“複雑”なペアレンツに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加