三菱ふそう、大型路線バス エアロスター 2017年モデルを発売

三菱ふそう、大型路線バス エアロスター 2017年モデルを発売

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/12
No image

三菱ふそう エアロスター2017年モデル(イメージ)

もっと画像を見る
三菱ふそうトラック・バスは、大型路線バス『エアロスター』2017年モデルを10月11日より発売した。

新型エアロスターは、平成28年排出ガス規制に適合するとともに、平成27年度重量車燃費基準を達成し、さらに燃費基準+5%達成車も設定している。

安全装備については、サイドビューカメラ&液晶モニタを標準搭載。左折時の巻き込み確認やY字路での合流確認など、直接視界が充分に得られない様々な場面で、車両左側の運転視界を広げ、安全性を高める。

価格は車型2PG- MP38FKF、エンジン6M60(T2)型270ps、6速AT、ノンステップ、都市型、前中扉、定員78名が2957万0400円など。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マツダと資生堂、香水を共同開発 車らしさやスピード感を香りで表現
稼ぐなら"自分の会社"をつくって節税せよ
トヨタの次世代タクシー「JPN TAXI」が発売 街に調和するニッポンの藍色ボディカラーが美しい
没落する日本の家電業界で、ツインバード工業がV字回復できたワケ
マンションバブル崩壊、戸建て価格暴落の不気味な予兆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加