ソフトB内川「間合いの勝負ワクワクした」 家族で大相撲九州場所観戦

ソフトB内川「間合いの勝負ワクワクした」 家族で大相撲九州場所観戦

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/11/13

秋季キャンプの参加を免除されている内川が、大相撲九州場所の初日を家族と観戦し、厳しい土俵の闘いから刺激を受けた。「野球は(本塁から投手板までの距離が)18.44メートルだが、相撲は仕切り線の、あの間隔(70センチ)で踏み込みのスピードや駆け引きがすごい。間合いの勝負にワクワクした」と声を弾ませた。

家族ぐるみの付き合いをしている小結琴奨菊(福岡県柳川市出身)は横綱白鵬に敗れたが、打ち出し後に笑顔で握手。日本シリーズ第2戦のヤフオクドームで大型スクリーンを通してもチームを鼓舞した熱烈応援に「あれで火が付いた」と感謝した。「九州場所は一年納めの場所。僕らもいい締めくくりができた。福岡でスポーツ界を盛り上げたい」と誓った。

=2017/11/13付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
白鵬の態度に山科審判長苦言「待った、と言いたいんでしょ。手はしっかりついていた」
日馬富士のブチ切れの“瞬間”を飲食店関係者が証言 鳥取の歓楽街は「あの殺人事件以来の大騒ぎ」
横綱・日馬富士の暴行問題が「派閥争い」に進展! モンゴル力士“一斉廃業”の可能性も!?
貴乃花が不可解なので、景子さんを直撃!
白鵬が初黒星「待った」効かず、自ら手を挙げて“物言い”も軍配通り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加