<AKB48グループ歌唱力No.1決定戦>SKE48野島樺乃が優勝 予選から逆転

<AKB48グループ歌唱力No.1決定戦>SKE48野島樺乃が優勝 予選から逆転

  • モデルプレス
  • 更新日:2019/01/19

AKB48/モデルプレス=1月11日】AKB48の国内6グループの中でもっとも魅力的な歌い手を決定する新プロジェクト「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」決勝大会が11日、TBS赤坂ACTシアターにて開催され、SKE48野島樺乃が優勝した。2位はAKB48矢作萌夏、3位はAKB48STU48岡田奈々だった。

No image

(写真 : 優勝した野島樺乃「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」決勝大会 (C)モデルプレス)

【さらに写真を見る】精鋭20名が歌唱力で激突/「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」決勝大会

◆「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」で新たな“女王”誕生

立候補した155人による予選を勝ち抜いた20人が、フルバンドの演奏をバックに歌声を披露。歌の力だけで48グループの頂点に立つ新たな“女王”誕生の瞬間となった。優勝者には秋元康プロデュースによるオリジナルソロ曲が贈られる。

ルールは20人が4グループに分かれて決勝歌唱予定曲のうちの1曲を歌唱し、審査員が各100点満点で採点。グループ上位2人が最終決戦に進出。8人がもう1曲の歌唱予定曲を歌い、優勝者を決定した。

決勝大会の審査員は、予選に引き続きAKB48グループの楽曲も数多く手がけている作曲家・井上ヨシマサ、幅広いジャンルのアーティストをプロデュースするミュージシャン・十川ともじ、そして、2年連続紅白出場の演歌歌手・丘みどり、ミュージカルを中心に活躍中の唯月ふうかの4人。

応援ゲストとして、AKB48太田奈緒、SKE48大場美奈、NMB48小嶋花梨、HKT48松岡菜摘、STU48福田朱里の5人が会場に駆けつけた。

◆1曲目は波乱の展開に

会場に集まったのは全て観覧応募により募集した約1000人の観客。48グループ初の歌唱力決定イベントだけあり、イベント開演前には、スタッフからペンライトの使用や手拍子をタイミングによって控えるなど異例の注意もあった。

NMB48白間美瑠の「微笑みの爆弾」から開幕。1組目は昨年加入したばかりのドラフト3期でありながら、aikoの「カブトムシ」を堂々と歌い上げ、驚かせたNMB48山崎亜美瑠と、赤い衣装で楽しげに松田聖子の「赤いスイートピー」を歌ったHKT48坂本愛玲菜が選出された。

2組目は憑依したような持ち前の表現力で、椎名林檎の「丸の内サディスティック」をパフォーマンスし会場を圧倒したAKB48横山結衣と、今井美樹の「Goodbye yesterday」を歌い、安定感のある爽快な歌声を響かせたSTU48矢野帆夏が通過。横山は方言全開でコメントし、会場の笑いを誘った。

3組目は審査員から声質と表現力を絶賛されたAKB48期待の次世代矢作萌夏が、予選1位のAKB48STU48岡田奈々を下し、1位通過。バラード楽曲を歌うメンバーが多い中、アップテンポのナンバーで会場を盛り上げた岡田が2位で続いた。

4組目は1人だけミュージカル楽曲の「パート・オブ・ユア・ワールド」(リトル・マーメイド)で会場を笑顔に包んだSKE48野島樺乃が1位通過。同じくSKE48山内鈴蘭が2位通過となり、予選2位通過のAKB48立仙愛理を下すという波乱の展開となった。

◆SKE48野島樺乃が初代女王に

最終決戦は1曲目とは違う雰囲気の楽曲で新たな魅力を見せてくるメンバーも多くハイレベルな戦いとなり、井上は「さっきまでは5点差とか6点差とかあったんですけど1点2点の争いであとは好き嫌いになっていると思う」とコメントするなど、審査員は採点に相当頭を悩ませた様子。

2曲目にはRihwaの「春風」を選び、トリというプレッシャーに負けず、伸びやかな歌唱力と豊かな表現力で引き続き会場を魅了した野島が、予選8位から大逆転し、見事優勝。

野島は優勝が発表されると、金テープをかぶりながら「まさかこんな金色のテープをかぶれると思ってなかったし、2位が呼ばれた時点でダメだと思っていたので、今生きた心地しない」と驚きの表情。井上は「一文字目から持ってかれた」と、唯月は「空気感が変わった瞬間が分かって本当に感動した歌声でした」と野島のステージを絶賛した。

優勝候補大本命だった岡田は3位として最初に名前を呼ばれ、「素直に言うとめちゃくちゃほっとしています」と安堵の表情を見せ「自分が思い描いていた100%全てが出せたわけじゃなかったので自分の力のなさを実感できる数字」と前向きなコメント。

AKB48でもっとも将来が期待されていると言っても過言ではない新人で、ソロコンサートも控える矢作は、審査員推薦枠から2位という快挙を達成し、歌唱力でも実力を証明。16歳とは思えない堂々としたパフォーマンスとまっすぐな歌声が審査員の心を掴み、井上は「前を見据えて1000人のお客さんに説教している(?)みたいな説得力があった(笑)」とその表現力に感心。矢作は結果を受け、隣に立つ先輩の岡田と抱き合って無邪気に喜んだが、心境を聞かれると「…すごく重いです。嬉しいんですけど重いんです」と本音をこぼしつつ「今ファンの方に(喜びを)伝えられているのがすごく幸せです」と笑顔を見せた。

◆ご褒美ライブイベントを開催予定

また、大会の模様はCS放送TBSチャンネル1にて午後6時30分から完全生中継された。なお、決勝大会の模様に当日の舞台裏ドキュメントを追加した“完全版”をCS-TBSチャンネル1にて2月23日午後1時から放送予定。

ファイナル8人に残ったメンバーと予選を2名で通過したものの、スケジュールの都合で辞退となったAKB48小田えりなを加えた9人によるご褒美ライブイベントを開催予定。(modelpress編集部)

<決勝進出メンバー>

岡田奈々AKB48STU48)、立仙愛理AKB48)、坂本愛玲菜(HKT48)、矢野帆夏(STU48)、山崎亜美瑠(NMB48)、武田智加(HKT48)、野島樺乃SKE48)、山内鈴蘭SKE48)、豊永阿紀HKT48)、横山結衣AKB48)、歌田初夏(AKB48)、神志那結衣HKT48)、高柳明音SKE48)、秋吉優花(HKT48)、明石奈津子(NMB48)、門脇実優菜STU48)、大竹ひとみ(AKB48)、矢作萌夏AKB48)、白雪希明(SKE48)、白間美瑠NMB48

■決勝大会

メンバー/歌唱曲

◎=1位通過

○=2位通過

<1回戦>

・グループC

白間美瑠/「微笑みの爆弾」馬渡松子

神志那結衣/「異邦人」久保田早紀

門脇実優菜/「瑠璃色の地球」松田聖子

◎山崎亜美瑠/「カブトムシ」aiko

○坂本愛玲菜/「赤いスイートピー」松田聖子

・グループD

秋吉優花/「366日」HY

高柳明音/「悲しみがとまらない」杏里

大竹ひとみ/「Hello,Again~昔からある場所~」MY LITTLE LOVER

横山結衣/「丸の内サディスティック」椎名林檎

◎矢野帆夏/「Goodbye yesterday」今井美樹

・グループA

武田智加/「for you…」高橋真梨子

明石奈津子/「雪の華」中島美嘉

白雪希明/「First Love」宇多田ヒカル

矢作萌夏/「変わらないもの」上白石萌音

岡田奈々/「NO,Thank you!」放課後ティータイム

・グループB

豊永阿紀/「Another Orion」藤井フミヤ

野島樺乃/「パート・オブ・ユア・ワールド」リトル・マーメイド

歌田初夏/「センチメンタル・ジャーニー」松本伊代

山内鈴蘭/「誰より好きなのに」古内東子

立仙愛理/「My Best Friend」/Little Glee Monster

<最終決戦>

山崎亜美瑠「Shine」家入レオ

坂本愛玲菜「亜麻色の髪の乙女」島谷ひとみ

横山結衣「ENDRESS STORY」伊藤由奈

矢野帆夏「ブルーバード」いきものがかり

岡田奈々「Aitai」加藤ミリヤ

矢作萌夏「瞳」大原櫻子

山内鈴蘭「TOMORROW」岡本真夜

野島樺乃「春風」Rihwa

1位:野島樺乃

2位:矢作萌夏

3位:岡田奈々

4位:山崎亜美瑠

5位:山内鈴蘭

6位:横山結衣

7位:矢野帆夏

8位:坂本愛玲菜

■「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」予選結果

順位:名前(グループ名)/予選歌唱曲

1位:岡田奈々AKB48STU48)/「やさしいキスをして」DREAMS COME TRUE

2位:小田えりなAKB48)/「手紙~拝啓 十五の君へ~」アンジェラ・アキ ※舞台出演のため決勝はエキシビジョンのみ参加

2位:立仙愛理AKB48)/「愛をこめて花束を」Superfly

4位:坂本愛玲菜(HKT48)/「渡良瀬橋」森高千里

5位:矢野帆夏(STU48)/「君って」西野カナ

6位:山崎亜美瑠(NMB48)/「瞳」大原櫻子

7位:武田智加(HKT48)/「愛のうた」倖田來未

8位:野島樺乃SKE48)/「いい日旅立ち」山口百恵

8位:山内鈴蘭SKE48)/「KissHug」aiko

8位:豊永阿紀HKT48)/「いい日旅立ち」山口百恵

11位:横山結衣AKB48)/「Flavor Of Life」宇多田ヒカル

11位:歌田初夏(AKB48)/「渡良瀬橋」森高千里

11位:神志那結衣HKT48)/「プラネタリウム」大塚愛

14位:高柳明音SKE48)/「好きになって、よかった」加藤いづみ

14位:秋吉優花(HKT48)/「愛を込めて花束を」Superfly

審査員推薦枠:明石奈津子(NMB48)、門脇実優菜STU48)、大竹ひとみ(AKB48)、矢作萌夏AKB48)、白雪希明(SKE48)、白間美瑠NMB48

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
妻夫木聡 親友急逝の衝撃!ウォーターボーイズ再共演果たせず
木村拓哉が公開処刑?『鉄腕!DASH!』出演で長瀬智也と並ぶ失態
ミス日本2019、現役東大生の度會亜衣子さんがグランプリ
浜崎あゆみ(40)入浴シーンを公開し物議 「ヤバい」「さすがにちょっと...」
西内まりや、ド派手な現在の姿に騒然 「見ててつらい」「もっと自然なほうが...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加