ホンダ中国販売、17%増の102万台と新記録 2017年1-9月

ホンダ中国販売、17%増の102万台と新記録 2017年1-9月

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/11
No image

ホンダ・シビックセダン(中国仕様)

もっと画像を見る
ホンダの中国法人は10月10日、2017年1~9月の中国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、新記録となる102万6334台。前年同期比は17.7%増と、2桁増を達成した。

ホンダは中国において、東風汽車との合弁の東風ホンダ、広州汽車との合弁の広汽ホンダの2社を展開。2017年1~9月実績は、東風ホンダが前年同期比27.3%増の51万7021台と2桁の伸び率。広汽ホンダは9.3%増の50万9313台だった。

広汽ホンダでは、『アコード』が11万0971台で、前年同期比は25.3%増と好調。『クライダー』は7万5191台で、前年同期比は11.7%増と伸びた。一方、『フィット』は前年同期比5.8%減の7万9976台と減少傾向。『ヴェゼル』も、9%減の11万0721台と落ち込む。

東風ホンダでは、『シビック』が新型投入により、前年同期のおよそ2.4倍の12万9710台と牽引。ヴェゼルの東風ホンダ版、『XR-V』は、12.9%増の12万7541台と、前年実績を上回る。『CR-V』は11万9045台にとどまり、前年同期比は11.5%減と後退した。

ホンダの2016年の中国新車販売は、前年比24%増の124万7713台。2年連続で100万台を超えるとともに、販売記録を更新している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本レーザーはなぜホワイト企業の代表格なのか?「社員のモチベーションが10割」な真似できない経営哲学
先進的高付加価値・農業研修にアジア12カ国から来日ーアジア生産性機構(APO)
【東京モーターショー2017】マツダは次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を出展
ヤマハが農業を変える? ドローン参入、無人ヘリ30年のノウハウ活かし
【東京モーターショー2017】ダイハツが1963年発売『コンパーノ』のデザイン思想を継承した、コンパクト4ドアクーペ『DN compagno』を出展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加