伝説の朝ドラ『おしん』で、容赦のない物語に視聴者がアツくなるのはなぜか

伝説の朝ドラ『おしん』で、容赦のない物語に視聴者がアツくなるのはなぜか

  • 文春オンライン
  • 更新日:2019/05/23

テレビをつけたら、若手イケメン俳優5人が笑顔で洗濯。そういえば、家庭用洗剤や調味料のCMで、女性がひとりで家事をしているバージョン、ほぼ見なくなった気がします。

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

今や男性が家事を“手伝う”と口にしたり文字にしたりすれば炎上必至。当事者が“手伝う”って何事じゃゴラァ……ということなのでしょうが、昭和生まれにはなんだかいろいろ難しい。

まあ「どこまでいっても渋谷は日本の東京」ってことですよbyけみお。あああーなにもう無理。

www.の波の中でアツく語る視聴者続出のお化け番組

と、家庭をはじめ、いろいろな局面で価値観のアップデートが求められるこの令和元年に、朝のNHKでおもしろい現象が起きています。

NHKの新作朝ドラ『なつぞら』は1日に4回放送されますが、1番早い7時30分の回を見ようとNHK-BSプレミアムにチャンネルを合わせている視聴者の多くが、その前の時間帯、7時15分よりオンエアされている昭和の朝ドラにがっちりハマっているらしく。

www.の波の中でアツく語る視聴者続出の伝説の朝ドラ『おしん』。今から36年前、1983年4月から1年に渡って放送され、平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%(ビデオリサーチ調べ)を叩き出したお化け番組です。

No image

朝ドラ『おしん』のDVDのジャケット

『おしん』が放送された1983年といえば、東京ディズニーランドの開業でテーマパーク、アトラクションという概念が日本に持ち込まれ、任天堂はファミコンを発売。街中にチェッカーズと中森明菜の曲が溢れて、エンタメ界も経済もイケイケだった時代。

そんな中、明治時代に貧しい奉公人からスタートし、のちにスーパーのチェーン展開で成功する女性の一代記を描いた『おしん』が世間に与えた影響は多大なものでした。

政治家や経済界のトップがことあるごとに『おしん』を持ちだし、それに対して脚本を担当した橋田壽賀子氏が「教科書のような話を書いたつもりはないので、政治家や財界人が訓示に引用するのには、違和感を覚えた」とインタビューで語り、『おしん』の“しん”は“辛抱のしん”とされたことにも「あれは辛抱を描いたドラマではありません」と反発。え、そうなの?

『おしん』といえば、なにより有名なのが、雪降る中、奉公に出される幼いおしん(小林綾子)がいかだに乗って川を下る姿を、母・ふじ(泉ピン子)が涙ながらに見守る場面。

うん、私もてっきり、貧しい少女が辛抱して辛抱して大人になり、また耐える話かと思ってた。

子守奉公のおしんと、「女子のために大学校を」を叫ぶあさ

ということで『なつぞら』とまったく同じ日からスタートした『おしん』の再放送を追ってみたのですが、すべてにおいて容赦がありません。

7歳の少女が米1俵で口べらしの子守奉公に出され、先輩たちからは暴力込みの指導を受ける。母はこれ以上子どもは増やせないと冷たい川に自ら入って流産しようとするし、祖母はブラジル移民の話が出た時に足手まといになるからと自殺未遂。おしんが奉公先で盗みを疑われた時は主人の前で着物を脱がされる。

これ、同じくNHKで夕方の時間帯に再放送されている朝ドラ『あさが来た』の終盤、「女子のために大学校を」と、あさが政府に働きかけ、寄付を募っていたのと同時期に起きていることだと思うとすごいです。確かにあさの実家、今井家や嫁いだ白岡家は日本有数のセレブ一家ですが、大学もなにも、おしんは小作人扱いされて小学校にもまともに通えていないわけで。

また、山形の冬の風景が心の底から寒そうなんですよ。登場人物の息が真っ白なのはもちろん、べったり水分を含んだ雪の重さや、あそこで倒れたら死ぬな、という恐怖感。川で洗濯をする時の手のあかぎれ。こういうのを見た後に『なつぞら』十勝の風景が目に入ると、あまりに綺麗で優しくて、なにかのプロモーションビデオにさえ見えてしまう。

ヒロインを優しく見守る王子様はどこ?

さらに、今ではヒロインだけでなく、イケメン俳優の登竜門ともなっている朝ドラですが『おしん』に出てくるイケメンたちはどうにもクセが強い。

最初の奉公先を飛び出して行き倒れになったおしんを助け、読み書きを教えて、与謝野晶子の詩を読んでくれた俊作兄ちゃん(中村雅俊)は逃亡兵。山狩りをする軍人に見つかり撃ち殺されてしまうし、16歳になったおしん(田中裕子)の前に現れた浩太(渡瀬恒彦)は、おしんと彼女が仕える加賀屋の娘・加代(東てる美)の運命を大きく狂わせる存在になるしで救いがない。おしんが結婚する相手も……えっと……うん。朝ドラのお約束、ヒロインを優しく見守って夢を後押しする王子様なんて『おしん』の世界には存在しないのです。

ツラい、キツいよ、橋田先生。やっぱりおしんの“しん”は“辛抱のしん”じゃないの?

「死んでしまってやっと楽になる一生なんておれはやんだ」

と、一瞬、大根めしを炊きそうになりましたが、たしかに『おしん』で描かれているのは耐えるだけ、辛抱するだけの女性像ではありません。

幼いおしんは米問屋・加賀屋の米蔵を見て「おれたち小作は作った米を食べられねえのに、米を作らねえ加賀屋さんにはこんなにも米があるのか」と驚き、「商いってのはええもんだな。米作る小作などつまらねえ」と心に刻みます。

また、祖母が死んだときには「おれは母ちゃんやばんちゃんみたいに悲しい女にはならねえぞ、死んでしまってやっと楽になる一生なんておれはやんだ」「母ちゃん、おれ一生懸命働いて銭もうける」と新たに決意。この決意がのちの流通業界への参入に繋がっていくと思うとゾクゾクします。

耳障りの良いキャッチコピーより響くおしんの「生き様」

そして現代、令和。

なぜ今『おしん』が多くの視聴者から注目され、SNSでは視聴後の感想を語る「#おしんチャレンジ」というタグまで生まれて盛り上がっているのか。

その理由のひとつは、緻密に計算され、観る者にまったく媚びない橋田脚本の力強さと、それを長ぜりふを駆使して演じる俳優たちのすさまじさ。ああ、人間が生きるってこういうことなんだな、と、画面の向こうから訴えかけてくる力にガシガシ引き込まれます。

また、今が生きづらい時代だからこそ、おしんの生き方に希望を見る視聴者も多い気がします。「環境や境遇は本人の強い意志と行動で変えることができるのだ」と。

幼いおしんが加代の部屋で見たたくさんの本や華やかな着物、豪華なひな人形は、私たちが手の中にある板で垣間見る誰かのキラキラした生活と同じです。それらはすぐ近くにあるのに、決して自分のものではない。

でも、おしんは焦がれ憧れていたものを自分の力で手にしていく。その生き様に視聴者は胸打たれ、ハッシュタグをつけた感想をつぶやき、彼女を見守り、応援するのでしょう。

「一億総活躍」「女性が輝く時代」「多様性」……耳触りの良いキャッチコピーが世の中に溢れていても、それらが全然リアルに響いてこない令和の時代。だからこそ、おしんの真っ直ぐな眼差しと自分の手で世界を切り拓いて行く強さに私たちは惹かれ、気持ちを添わせるのかもしれません。

(上村 由紀子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
深田恭子、「ルパンの娘」ボディ密着ピタピタ衣装に「フジドラマを救う!」喝采
CM差し替えで宮迫博之の降板は不可避!? 後番組はあの人気コンビで『チドトーーク!』に決定か
SKE48、スマホで体当たり入浴レポートをする冠番組の第2回目放送決定!
今夜最終回『わた定』吉高由里子&向井理ら出演者大集合のオフショットに反響
素人にまさかの暴行!? 板東英二『水ダウ』全カットで思い出される......あの元SMAP「ハイキック事件」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加