4200万画素の非圧縮RAW写真が増えすぎたので、4Bay NAS「DS416play」を導入!

4200万画素の非圧縮RAW写真が増えすぎたので、4Bay NAS「DS416play」を導入!

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/03/21
No image

Synology「DiskStation DS416play」のパッケージ

24MPが当たり前になった結果、42MPや50MPのデジタルカメラが登場するようになった。

RAWのbit数も順調にステップアップしており、非圧縮RAWで撮影をしようものなら、約100MB/枚といった時代である。そうなると、データ置き場やバックアップの問題と激突してしまう。

クラウドストレージを見ると、「Amazon Prime」はJPEGや一部RAW形式については、無制限になっており、クラウド前提であればOKなのだが、急なサービス方針変更があると詰みになる可能性は捨てきれないし、頻繁にアクセスする場合は、やはりローカルでもデータ置き場兼バックアップは欲しい。

そこでNASである。今回は、SynologyのNASキット「DiskStation DS416play」(実売価格 6万円前後)を導入したので、紹介していこう。

4Kビデオトランスコーディングにも対応するパワフルなNAS

No image

本体。LEDランプ類はあまり目立たない

DiskStation DS416playは、4Bayに対応するNASで、最大認識容量は1Bayあたり10TB、最大40TBになる。

ストレージは3.5インチ(SATA3)、2.5インチ(SATA3)に対応。HDDだけでなく、SSDもOKだ。

CPUはIntel Celeron N3060(1.6GHz、バーストクロック2.48GHz)、メモリーDDR3 1GB、ギガビット対応有線LAN×2、USB 3.0×3といったスペックになっており、NASとしての特徴としてアピールされているのは、4Kビデオトランスコーディング。

今回はバックアップ前提なので、4Kビデオトランスコーディングはあまり意識していなかったが、動画ファイル置き場を考える場合には有力なポイントになるだろう。

No image

背面には排気ファン×2。全力回転はしないのだが、それなりに駆動音はする

No image

正面のパネルを外すと、スロットが見える

No image

トレイ経由でストレージを追加できる

No image

トレイを外したところ

No image

ネジレスでストレージをセットできる

また4Bayのラインナップを見てみると、「DiskStation DS416j」と「DiskStation DS416slim」が下位モデルとして存在しているが、DiskStation DS416playを選んだのは、単純にCPU性能からとなる。

RAWファイル置き場としてのNASを考えるのであれば、このあたりからチェックしていくといいだろう。予算によっては2Bayも視野に入れてもいいのだが、将来的に容量不足になるであろうことを考えると、4Bayを推奨したい。

No image

DSMのメイン画面。ブラウザーからアクセスできる。またスマホ向けのアプリも提供されている

OSはDiskStation Manager 6.1(DSM)で、操作感はWindows/Macと変わらないため、操作に関しては苦戦をすることは少ないだろう。

後述しているが、パッケージを追加することで機能拡張にも対応しており、のちのちの用途変更にも耐えてくれる。

No image

QuickConnect IDを設定しておくと、外部からのアクセスが楽になる

RAIDの設定については、独自方式の「Synology Hybrid RAID」(SHR)はRAIDがよくわからない人やそのあたりに手間をかけたくない人向け。JBOB、RAID 0/1/4/6/10に対応するため、詳しいのであれば手動管理もできる。

RAWファイルのバックアップ中心であれば設定はカンタン

No image

HDDは定番のWestern Digital「WD30EFRX」をチョイス

インストールしているストレージは、Western Digital「WD30EFRX」(5400rpm、キャッシュ64MB、容量3TB)×2。RAID構造はSHRにした。

残りの2Bayに追加する場合は、3TB以上のものであれば、あとはDS416playが自動的に処理してくれるため、4TBか6TB×2を予定している。

原稿作成時点では、約1.4TB使用しており、空き容量は1.21TB。2016年の撮影データは約600GB(整理した状態で)だったので、2017年内は現状のままでも大丈夫な見通しだ。のちのち追加できる余力があると、HDDを購入するだけで済むので気が楽である。

No image

パッケージセンターからインストールできるソフトを選べる

No image

Cloud Station ServerからPC用のアプリケーションを入手できる

No image

Cloud Station Backup。バージョンエクスプローラー機能もアリ

No image

Cloud Station Drive。複数のフォルダーを別々に処理できるため、テスト的に進行中の原稿ファイル一式を同期させて、デバイスと場所を問わない状態にしている

No image

Cloud Syncではメジャーなクラウドサービスを選択できる

主に写真ファイルのバックアップで使用しているDSM用パッケージ(追加アプリケーション)は「Cloud Station Server」、「Cloud Sync」、「File Station」、「Antivirus Essential」の4つ。

DS416playのメモリーは1GBだが、今回の用途範囲だと使用率は35~40%に留まっており、問題ナシである。

CPU使用率についても60%以上になるシーンがまずない。またAntivirus Essentialでシステムスキャン中は、メモリー使用率75%ほどになった状態を確認しているくらいで、何かとパッケージを追加しないのであれば、メモリーについても十分といえるだろう。

筆者宅の写真関連ファイルの管理状況を見てみよう。まず、メインPCの作業用スペースにデータをコピーすると、外付けストレージ(1Bay、USB 3.0接続)に自動的にバックアップが実行される。

そのデータをCloud Station Backupが参照して、DS416playにバックアップ。最後はDSM用パッケージCloud SyncでAmazon Driveにアップロードもされる。

No image

Amazon Driveは該当するファイルについては無制限なので便利

初手の入力と、作業終了後のメインPC内データの削除処理以外は自動化といった具合で、作業時は4重、作業終了以降は3重のバックアップの環境だ。

ただし、外付けストレージは作業用のプールみたいな扱いなので、“いちおうの”バックアップである。

DS416playへの転送速度は80~90MB/sでバックアップはスムーズに実行されている。そのため、外付けストレージにデータをコピーすると、短時間でバックアップが作成される状態だ。

No image

リンクアグリゲーションの設定も複雑ではない。どちらかというと対応環境作りが手間だ

また、DS416playはリンクアグリゲーションに対応しており、搭載するストレージとRAID構成によっては、より実効速度を高められるため、頻繁にアクセスするデータの置き場としても活用可能だ。

将来的に増設も考えて4Bayから検討してみよう

大量のRAWファイルのバックアップ用に導入したDiskStation DS416playだが、高画素化を考えるとストレージを増設できる余地を残しておいたほうが、のちのちに楽である。

DSM用パッケージを利用することで、自動的にクラウドへのバックアップも可能になり、多重化も容易だ。SynologyのNASはラインナップが豊富であり、予算に応じてバックアップ先を検討してみてはどうだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国の大手菓子メーカーが8年かけて開発した新商品、「日本のパクリ」と指摘相次ぐ=「大企業のすること?」「これまでも全てパクリ」―韓国ネット
ハサミを入れるだけ! 『C CHANNEL』の絆創膏の貼りワザ動画が内外で絶賛される
ASUS、薄型軽量2in1 PC「TransBook」に第7世代Intel Core搭載の新モデル
ストレージサービスからNASへ、SynologyのNASが変えたファイル管理のありかた。ちょっといい買い物をしました
攻殻機動隊の「タチコマ」再現したロボット、発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加