湘南、チョウ監督パワハラ疑惑Jに早期結論要望

湘南、チョウ監督パワハラ疑惑Jに早期結論要望

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/15

選手やスタッフに対するパワハラ疑惑が浮上した湘南のチョウ貴裁(チョウキジェ)監督(50)に関して、湘南は14日、Jリーグに対して調査を迅速に行い早期に結論を出すよう要望したことを明かした。チョウ監督はJリーグの調査が終了するまで、指揮、指導を自粛しているため、調査が長期化すると、監督不在期間が長引くため。一部でチョウ監督が周囲に辞意を漏らしていると報じられたことについて、クラブ関係者は「全く聞いていない」とし、現時点での辞任は否定した。

No image

湘南・チョウ貴裁(キジェ)監督

非公開練習後、主将のDF大野は「難しい部分はあるが、主将として次の試合へ向けてチームをまとめていくしかない。試合は毎週来る。大事な状況だし、勝つためにやる」と神妙な表情。さらに「ケンさん(高橋監督代行)は、チームの状況を分かっているし、やるときは楽しくやろうと言っている。後半戦はいい形で勝っている試合が多い。ベースを大事にして一人一人が自立してピッチ内で解決したい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森脇良太&西大伍がJ1通算300試合出場達成! 大台突破は106人に
神戸が今季最多6点圧勝「非常にいい結果に」監督
反町監督が認める松本MF町田也真人の“3つの力”
笑顔で現役生活を終えた鳥栖トーレス「幸せな気持ち」「恵まれた人生」
鳥栖監督「申し訳ない」トーレス引退試合6失点大敗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加