クリープハイプ尾崎世界観、エッセイ「苦汁100%」が“200%”になって再び書籍化

クリープハイプ尾崎世界観、エッセイ「苦汁100%」が“200%”になって再び書籍化

  • ナタリー
  • 更新日:2018/02/14

尾崎世界観(クリープハイプ)の著書「苦汁200%」が3月16日に文藝春秋より刊行される。

No image

尾崎世界観(クリープハイプ)

すべての写真を見る(全2枚)

本作は尾崎が有料メールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」で連載しているエッセイ「苦汁100%」を書籍化したもの。昨年5月に発表された第1弾「苦汁100%」の続編にあたり、尾崎の喜怒哀楽に満ちた日常がユーモアたっぷりにつづられる。価格は1296円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
水無月すうが描くアクションファンタジー「プランダラ」アニメ化企画進行中
『デジタルマンガキャンパス・マッチ2017』大賞作品は『本のむし』
【育児あるあるマンガ】ほめほめ作戦
ベネッセ 教育情報サイト
恥ずかしがり屋のサキュバスが猛アピール「アロマちゃんは今夜も恥ずかしい」1巻
アワーズGHで新連載「倫敦塔の鵺」開幕、中世イギリスで翼持つ少女が大暴れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加