W1征矢が初防衛に成功「誰が勝っても受けて立つ」

W1征矢が初防衛に成功「誰が勝っても受けて立つ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/06/14
No image

W―1チャンピオンシップ王座初防衛に成功した征矢学

<W-1:後楽園大会>◇13日◇後楽園ホール

W-1チャンピオンシップ王者征矢学(33)が、熊嵐の挑戦を退け初防衛に成功した。

征矢は、熊嵐に痛めている右脇腹への集中攻撃を受け大苦戦。コーナートップからのセントーンを受けもん絶し、腹をわしづかみにされ悲鳴を上げた。それでも、最後はラリアットの打ち合いを制し、26分31秒の死闘を制した。

ベルトを死守した征矢は、9月2日の横浜文化体育館大会のメイン出場権を手にした。「このベルトをかけて7月にW-1トーナメントが行われる。誰が勝っても正々堂々と受けて立つ。それがワイルドだ!」とファンへ宣言した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
開幕戦A組オカダとJホワイト対戦 主要カード発表
至学館大が栄和人監督を解任 谷岡郁子学長、態度に不満「まったく反省できていない」
SSS、最後の最後に明かした引退理由は妻の逝去
SSマシンが最後のラリアット、内藤哲也は感慨なし
怒りのロンダ大暴走で出場停止!ストローマンはレスナーのユニバーサル王座獲りへ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加