大音量の映画やコンサートでは耳栓を使ったほうがいい

大音量の映画やコンサートでは耳栓を使ったほうがいい

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2018/02/14

映画やコンサートで音量が大きすぎると感じることはありませんか。そんなとき、耳栓をするのは気難しい年寄りのすることだと思うかもしれませんが、年をとってからもしっかり聴力を維持していたいなら、今のうちから耳を保護しましょう。

大音量はなるべく耳に直接入ってこないようにすべきです。American Speech-Language-Hearing Associationによれば、70デシベル以下の音ならどれだけ聞いていても耳に害はありません。70デシベルとは、グループでにぎやかに会話しているときの音量と同じレベルです。職場で毎日8時間ぐらい耳にするなら安全な音量の上限は85デシベル。一方、2時間の映画なら恒常的に聞いていて害がない上限は91デシベルです。

アクション映画の場合は、音量が耳に危険なゾーンに達することがありますが、映画の途中でたまに100デシベルになることがあっても、全体的にはそれより小さな音量が続いているなら聴力に害は及ばないでしょう。コンサートの場合は、物によりますが、多くは聴力にダメージを与えるレベルの音量で行なわれています。

しかし、耳に入ってくる音に不快感を感じられるうちは、大丈夫です。コンサートや映画やイベントには耳栓を持参すればいいからです。私の夫は音に敏感だと自覚していて、コンサートの列に並んでいるとき、家に耳栓を置いてきてしまったと言いだしました。それで私が会場の事務室に問い合わせると、1ドルで耳栓を売ってくれました。ほらね。耳栓をコンサートで使う人が多い証拠です。だから、耳栓を使っても構わないんですよ。

使い捨ての耳栓ならドラッグストアやホームセンターで100円程度で買えます。あるいは、少し値段は高くなりますが、ノイズキャンセリング機能がある耳栓を使ってみてもいいでしょう。今から耳を大事にしていれば、年をとってからも映画館で「音量が大きすぎるよ」と文句を言えるぐらいいい聴力を維持できるでしょう。

Image:Kristina D. C. Koeppner/Flickr

Source:American Speech-Language-Hearing Association,Today

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
糖尿病予備軍かも!? やってはいけない生活習慣6【糖質制限の基本】
米海兵隊が"PDCA"より"OODA"を使うワケ
陰険だろ! 夫の両親が遊びにきた時に妻がとった最悪行動3選
うつ病の人が良く使う言葉には特徴がある。言語分析で「うつ語」の存在が明らかに(英研究)
【心理テスト】直感で選んだ石でわかる「あなたの真の性格」が的中率抜群! 近い将来変化が訪れる人も...!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加