シンガポール航空、クリスフライヤーのデジタルウォレットを開発 ブロックチェーン技術活用

シンガポール航空、クリスフライヤーのデジタルウォレットを開発 ブロックチェーン技術活用

  • Traicy
  • 更新日:2018/02/16
No image

シンガポール航空グループ(SIAグループ)は、世界初となるブロックチェーン技術をベースとしたフリークエントフライヤープログラム「クリスフライヤー」のデジタルウォレットを開発すると発表した。

約6ヶ月以内にリリースする計画で、クリスフライヤー会員は参加する小売店のPOS経由でマイルを使用することができるようになる。KPMGデジタルビレッジとマイクロソフトと実証実験を行い、成功している。

シンガポール航空のゴー・チュン・ポン最高経営責任者(CEO)は、「ブロックチェーン技術を活用してクリスフライヤーのマイルをデジタル化する取り組みは、顧客の利益のため、デジタル化を大幅強化する投資を実証するもの。」としている。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パソコンなしでビデオテープの映像・音声をデジタル保存できるサンワサプライのメディアプレーヤー
アプリでできる「500円玉貯金」――コツコツを侮るなかれ
バッテリーはどこへ? 普通のロードバイクにしか見えない電動自転車「Gain」
iPhone 8+格安SIM「IIJmio」で毎月2000円以下!ソフトバンクから乗り換え
日本の家電製品にほとんどついている「2つの穴」、そんな大きな意味があるなんて知らなかった!=中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加