元日本代表の京都MF山瀬が退団「残念...戦力外に」

元日本代表の京都MF山瀬が退団「残念...戦力外に」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/30
No image

京都MF山瀬功治

京都の元日本代表MF山瀬功治(35)が30日夜、ブログを更新し、京都との契約が満了し、退団すると発表した。クラブからは昨夜、契約満了を伝えられ、この日、詳細を聞きに行ったところ、チームの編成を考慮した際に構想外となったこと、自身のプレーへの評価をもって戦力外となったことを説明されたと明らかにした。

「昨晩チームから連絡があり、来シーズンの契約を更新しない事を伝えられましたので、非常に残念ではありますが今シーズン限りでチームを去る事となりました。本日、チーム側に詳しい話を聞きに行きましたが、来シーズンのチーム編成を考える中で、様々な観点からチームの事を考えた所、構想外になったという点。また、今シーズンの僕自身のプレーに対するチーム側からの評価の部分においても戦力外になったという事を聞かせて貰いました」

山瀬は、その上で「もちろん一選手として思う事は色々とありますが、これがプロの世界だと思いますし、チームからくだされた判断をプロサッカー選手としてしっかり受け止めるしかないと思っています」(原文のまま)とつづった。

山瀬は札幌市出身で、北海高時代の99年に当時J2だった札幌の強化指定選手となり、翌00年に入団。J1に昇格した01年にレギュラーとなり、03年に浦和に移籍。04年にアテネ五輪代表から落選も、翌05年に札幌時代の恩師・岡田武史監督率いる横浜に移籍し、06年に日本代表に初選出された。10年に横浜を戦力外となり川崎Fに移籍し、13年に京都に完全移籍していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鹿島が逆転でクラブW杯開幕戦を制す!途中出場の赤崎&金崎弾でオークランド撃破
手負いの金崎、途中出場で決勝ヘッド 「いけるところまでいきたい」/クラブW杯
C大阪・柿谷の結婚に初代背番号8の森島氏「活躍が一段と楽しみ」
金崎、エースの役割=クラブW杯サッカー
鹿島が逆転勝ち 途中出場の金崎が決勝ゴール クラブW杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加