浦和ペトロビッチ監督先勝「強いチームと示したい」

浦和ペトロビッチ監督先勝「強いチームと示したい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/29
No image

鹿島を下しベンチ前で喜ぶ浦和ペトロビッチ監督(右端)(撮影・河野匠)

<明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ:鹿島0-1浦和>◇決勝第1戦◇29日◇カシマ

年間1位の浦和が同3位の鹿島にアウェーで先勝した。後半12分にFW興梠獲得したPKを、MF阿部が冷静に決め先制。この1点を守り切った。

浦和ミハイロ・ペトロビッチ監督(59)は「守備の部分では鹿島をコントロールできた。攻撃の部分はもっと浦和らしいプレーができたと思う」と振り返った。また「リーグを終えてから1カ月間隔があき、緊張感を保つのが難しかった。長い監督経験で初めてのこと。準決勝で川崎Fと対戦していた鹿島に、今日はアドバンテージがあったと思う」とCSの難しさについて話した。

第2戦は12月3日に埼玉で行われる。ペトロビッチ監督は「リーグで(勝ち点を)15点も多く取っている。強いチームだというところをピッチで示していきたい」と意気込んだ。

第2戦は延長はなく、90分終了の時点で引き分け以上なら浦和が優勝。鹿島は2点差以上を付けて勝利すれば優勝となる。2試合合計で同点の場合、アウェーゴール数で勝敗を決める。アウェーゴール数でも並んだ場合は年間順位が上位の浦和優勝となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
譲れなかったPKキッカー、金崎にエースのプライド「仕事ができたうれしさがある」
鹿島・小笠原「ルールはルール」勝ち点15差つけられての優勝に
「複雑な優勝」CS制度に疑問呈した鹿島DF昌子「もし浦和さんの立場なら...」
試合巧者ぶり光った鹿島、ベンチワークでも上回り逆転V
“借り”返した鹿島MF遠藤康、「CSで勝てたけど...」と年間勝ち点1位をリスペクト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加