白山 山頂を震源とするM2.3の地震 今朝まで108回

白山 山頂を震源とするM2.3の地震 今朝まで108回

  • ハザードラボ
  • 更新日:2017/10/12
No image

白山

白山で地震が急増(気象庁の火山監視カメラより)

石川県と岐阜県にまたがる白山では昨夜、山頂の深さ3キロ付近を震源とするマグニチュード(M)2.3の地震が発生し、けさ5時ごろにかけて増加したと気象庁が発表した。

白山では10日午後10時3分、M2.3の地震が起こり、11日5時ごろにかけて振幅の小さな地震が増加した。昨夜からけさ8時までに発生した地震の回数は108回を観測し、5時以降は減少しているという。地震に伴って、地下の水蒸気やマグマの動きを示す火山性微動は起きておらず、山頂から西へ12キロほど離れた場所に設置している監視カメラの画像でも、特段の変化は確認されていない。

気象庁によると、白山では過去にも一時的な地震の増加があったが、24時間に発生した地震の回数が100回を超えたのは、2014年12月16日以来、3年ぶりだという。今回もこれらと同じ可能性が高く、噴火の兆候は見られないとして、噴火警戒レベルは1を維持している。

■国内の他の火山の現状については、ハザードラボ「火山マップ」をご覧ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【台風21号】日本に接近の恐れ、週末以降に影響拡大
豊田真由子氏「ハゲー」と連呼されながら演説
飲酒暴走「ルールまるで無視」 運転の男に懲役17年
「ニュース見てないんか」「息子やろが」 東名追突死亡事故、デマ拡散で無関係企業に嫌がらせ 暴走する“ネット私刑”の恐ろしさ
「足でハンドル」「ラーメン食べながら」 東名事故容疑者、元交際相手の証言に衝撃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加