中日又吉ら「いい経験」潮音寺で4泊5日の修行合宿

中日又吉ら「いい経験」潮音寺で4泊5日の修行合宿

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

座禅を組む中日又吉(手前)。(後方左から)若松、小熊(撮影・今中雄樹)

中日の小熊凌祐(26)又吉克樹(26)若松駿太(21)の3投手が1日、愛知県田原市の「潮音寺」での4泊5日修行合宿を終えた。

朝5時10分起床で午後9時30分に消灯の生活。1日2度、それぞれ45分間の座禅のほか、読経、写経、和太鼓など内容の濃いメニューをこなした。又吉は「いい経験をさせてもらった。自分と向き合う時間はオフでもなかなかないので」と感謝した。

宮本利寛住職(70)が森監督の駒大の先輩にあたることで、実現した。10月下旬には祖父江、大野、田島も経験した。白井文吾オーナー(88)が先月22日の球団納会で、その取り組みを紹介し「非常に感心した。なかなかやるじゃないか」と指揮官を絶賛していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
球児、狙う通算防御率1点台 野村元監督の教え胸に巻き返す
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
福島の会場決定先送り=野球ソフトで森組織委会長-東京五輪
バルサに257億円でも野球にはシブチン? 三木谷オーナーにがっかりな声...
阪神・福留、FA移籍の糸井へのアドバイスは「関西のマスコミに気をつけて」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加