最新ランキングをチェックしよう
1位はSMAP「世界に一つだけの花」JASRACが平成時代に多く使用された楽曲トップ100を発表

1位はSMAP「世界に一つだけの花」JASRACが平成時代に多く使用された楽曲トップ100を発表

  • Japaaan
  • 更新日:2019/04/18

日本音楽著作権協会・JASRACが17日、平成元年から31年までの著作物使用料分配額TOP100を発表しました。平成時代、CD売り上げとともにカラオケや様々な場所で放送された人気曲ということになります。

トップ3の1位はSMAP「世界に一つだけの花」、2位は五木ひろし・木の実ナナ「居酒屋」、3位はアニメ「エヴァンゲリオンBGM」となっています。
CD売り上げだけではなく、あらゆる場所で使用された

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
中尾ミエ「古巣に」28年ぶりワタナベエンタ復帰
けしからん「カジノディーラー水着」がヴィレヴァン通販で発売
超セクシーなショットに鼻血寸前!人気グラビアアイドル・葉月あやが魅せる“ルーズソックス×イエロービキニ”がたまらない
ドコモ、長期利用特典「ずっとドコモ特典」の還元ポイントを一部改定
宮迫博之の千葉県ボランティア活動報告に冷ややかな声が殺到する「最大原因」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加