マエケン、犬の殺処分ゼロ支援で 「大リーグ1勝ごとに寄付する」と宣言

マエケン、犬の殺処分ゼロ支援で 「大リーグ1勝ごとに寄付する」と宣言

  • sippo
  • 更新日:2016/12/01
No image

元広島カープのエースで米大リーグ・ドジャースでも活躍する前田健太投手が27日、広島県神石高原町を訪れ、同町を拠点にしたNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」(PWJ)の犬殺処分ゼロの活動を応援するイベントに参加した。前田投手は来季、1勝するごとに一定額を寄付すると宣言し、継続支援を約束した。

トークショーでは、7歳になるトイプードルの「小太郎」と暮らす前田投手と妻の早穂さん、PWJのプロジェクトリーダー大西純子さんらが登壇し、雨天の中、約2千人(主催者発表)が話を聞いた。夫妻は以前から何か社会の役に立ちたいと思っていたところ、今夏に犬殺処分ゼロの取り組みなどを知り、今回の訪問を決めたという。

前田投手にとって小太郎は初めて一緒に暮らした犬だといい、現在は「試合で打たれた後は小太郎に癒やされています」。殺処分ゼロ活動の「応援団長」就任を依頼されると快諾し、会場に向けて「皆さんも僕が1勝したら寄付をお願いします」と呼びかけた。

最後は「マエケン画伯」と称して即興で犬をテーマにしたイラストを描き、それをプリントしたチャリティー用Tシャツを着て来季のキャンプ初日に球場入りすると述べた。Tシャツは1枚3500円(送料、税込み)で、近日中にホームページ(http://peace-wanko.jp/)で予約を受け付ける。問い合わせは、ピースウィンズ・ジャパン(0847・89・0885)へ。

(雨宮徹)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
秋野暢子、日ハム大谷投手に「結婚相手にどうですか」 娘の写真見せる
Yahoo!検索大賞2016に「カープ日程」が選出!
各球団発表、12月7日の引退選手動向、コーチ、スタッフ人事は?
ソフトバンク今宮「最高の遊撃手になります」
阪神北條と少年野球戦友 大阪橋本がバスケ代表候補
  • このエントリーをはてなブックマークに追加