「ホワイトリスト」の直近騰落状況【フィスコ・アルトコインニュース】

「ホワイトリスト」の直近騰落状況【フィスコ・アルトコインニュース】

  • FISCO
  • 更新日:2018/02/13
No image

株式会社フィスコ

------------

1.イーサリアムクラシック(ETC):-18%

時価総額:2,425,800,000ドル

2.イーサリアム(ETH):-32%

時価総額:79,754,400,000ドル

3.ライトコイン(LTC):-32%

時価総額:8,282,050,000ドル

4.ビットコイン(BTC):-36%

時価総額:137,258,000,000ドル

5.ネクスコイン(NCXC):-39%

時価総額:20,825,485ドル

6.モナコイン(MONA):-45%

時価総額:221,101,000ドル

7.ザイフ(ZAIF):-46%

時価総額:69,806,094ドル

8.CMS:ETH(CMS_ETH):-47%

時価総額:-ドル

9.リップル(XRP):-47%

時価総額:39,262,700,000ドル

10.CMS:XEM(CMS_XEM):-50%

時価総額:-ドル

11.ビットコインキャッシュ(BCH):-51%

時価総額:20,735,400,000ドル

12.カイカコイン(CICC):-52%

時価総額:74,792,244ドル

13.キャッシュ(QASH):-52%

時価総額:294,897,000ドル

14.ビットクリスタル(BCY):-54%

時価総額:10,651,600ドル

15.フィスココイン(FSCC):-55%

時価総額:18,467,221ドル

16.カウンターパーティー(XCP):-56%

時価総額:71,415,300ドル

17.ペペキャッシュ(PEPECASH):-58%

時価総額:32,690,500ドル

18.NEM(XEM):-61%

時価総額:4,789,980,000ドル

------------

2017年9月29日に金融庁が正式に仮想通貨交換業者11社を認定した。そこで取り扱われている仮想通貨の一覧は「ホワイトリスト」と呼ばれている。上記データは、1月12日から2月12日の1ヶ月間におけるホワイトリスト入りしている各通貨の騰落率を計算し、降順に並べたものだ(終値ベース)。

騰落率を基準として相対的に割安と見られる、NEM、ペペキャッシュ、カウンターパーティー、フィスココインなどの動向には注意しておきたいところ。なお、1位にランクインしているイーサリアムクラシックは、Coin Market Cap上では足元で前日比12%高で推移しており、関心が向かっているもよう。

※Coin Market Cap、フィスコ仮想通貨取引所、Zaifからデータを取得して算出。なお、数値については上記の通り、データ元が異なりますので、あらかじめご了承ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
VRニュースサイト「VR Inside」閉鎖 事業譲渡先と条件面で折り合わず
クリップ、誕生100年で初めて「軽く開けるように」改良 なぜこのタイミング? 「固いのが不便という自覚なかった」
税理士に頼まず確定申告、数年後に突然、税務調査で多額追徴課税!
個人投資家は株価下落の“第2波”を受け止められるか
2月22日(大引け)勝ってる人の買ってる株・売ってる株
  • このエントリーをはてなブックマークに追加