屋台からスターシェフの店まで!グルメ三昧のソウル

屋台からスターシェフの店まで!グルメ三昧のソウル

  • トラベルjp<たびねす>
  • 更新日:2017/12/06
No image

屋台からスターシェフの店まで!グルメ三昧のソウル

ソウルに行ったならば、本場の韓国料理も楽しみの一つです。庶民の味のストリートフードから、スターシェフが手がける洗練されたコリアン・キュイジーヌまで、韓国料理の世界は歴史と伝統に裏付けられたものがあります。日本でおなじみのものや、ありそうでないものなど、ソウルのホットなダイニング・シーンをご紹介しましょう。

広蔵市場は食のワンダーランド!

No image

写真:松田 朝子

ソウル市内中心部にある広蔵市場は、1905年創業の庶民の台所。
食材のみならず、お土産品や衣類、工芸品など、ありとあらゆるものが揃う巨大なマーケットです。

No image

写真:松田 朝子

なかでも、「うまいもん通り」と呼ばれる通りは、屋台の集合体。お店の人が作るストリートフードをその場で食べることができます。ここでのオススメは、「パンケーキ」と「キムパプ」。

パンケーキというのは、スイーツではなく韓国風お好み焼き。ピンデトッといいますが、パンケーキで通じます。でもベースは小麦粉でなく、緑豆なのでヘルシー。豆をすり潰すところから作っている店もあります。このベースに野菜や肉などを混ぜ、鉄板の上で揚げ焼きをしています。なので表面はカリッと香ばしく、中はホクホク。チヂミのタレみたいなつけダレをつけて食べますが、そのままでもgood!エネルギッシュに調理するおばさんのすぐ横で、できたてを食べる美味しさは格別です。さらにwithマッコリでディープコリアンの世界へ!

No image

写真:松田 朝子

キムパプは炒めた人参やほうれん草、たくあんなどを芯にして、ご飯とごま油を塗った韓国海苔で巻いたもの。海苔巻きの韓国バージョンですが、なぜか後を引く味。1本が細いので、いくつでもいけそうです。

日本にありそうでないスイーツもいろいろ

No image

写真:松田 朝子

また、スイーツもいろいろ。カボチャやあずきのおしるこ、餡入りの「きび餅」などは甘さ控えめで、素材の味をしっかり感じることができます。この市場さえあれば、滞在中の食事は全部ここでもいいかもしれません。

<基本情報>
住所:ソウル特別市 鍾路区 昌慶宮路 88
電話番号:82-2-2269-8855
アクセス:地下鉄1号線鍾路5街駅 8番出口 徒歩1分

本場でキムチ作りにチャレンジ!

No image

写真:松田 朝子

広蔵市場で韓国のローカルフードを楽しんだら、伝統食のキムチ作りにもチャレンジしてみてはいかがでしょう? 旅行者でも気軽にキムチ作りを体験できるのは、仁寺洞にある「ミュージアムキムチ間」。ここは、韓国の大手食品メーカーが運営する、キムチの博物館。館内では様々な見せ方でキムチの作り方や効能、歴史、種類などを学ぶことができ、キムチ作り教室(有料)も開かれているのです。ちなみにキムチを作ること(キムジャン)は、 2013年にはユネスコの無形文化遺産にも登録されました。

No image

写真:松田 朝子

作ると言っても、ここでは用意された材料を混ぜるだけ。でも、唐辛子などを合わせた調味料、ヤンニョムを白菜の葉1枚ずつに擦り込んでいくうち、気分は現地の人となって手つきも真剣になっていきます。

出来上がったキムチは、タッパー、ジップロック、ビニール袋もらって持ち帰ります。漬けて二日後から食べられて、1ヶ月以内に食べきることがベストです。日本まで飛行機で持ち帰るには、手荷物ではなく、預ける荷物に入れないといけません。

No image

写真:松田 朝子

また、教室には日本語で書かれたレシピカードも置いてあるので、もらって帰り、帰国後に作ってみるのもいいかもしれません。

<基本情報>
住所:ソウル特別市 鍾路区 仁寺洞キル 35-4, 仁寺洞マル 4~6F
電話番号:82-2-6002-6456
アクセス:地下鉄3号線安国駅 6番出口 徒歩6分

スターシェフの手がけるコリアン・キュイジーヌ

No image

写真:松田 朝子

ルメリディアン・ソウルの4階の「Elements」(エレメント)は、スターシェフのエドワード・クォンが創り出す、洗練されたコリアン・キュイジーヌの世界。店名のエレメントとは、自然界を構成する元素のこと。韓国の国旗の四方に描かれている線と点の集合体は、易学で符合に使われる卦であり、左上から空、右上が月と水、左下が太陽と火、右下が地を意味しています。

No image

写真:松田 朝子

エレメントに基づいたコースは、韓国の古典料理と、アジア料理の融合。日本の味噌などもエレガントに使われています。メインのRI(離)はSUN&FIREで、ステーキになったカルビ。その他、ここでは中華料理、東南アジア料理、ハラール料理に加えて、カウンターでは本格的な寿司も食べられます。店名のロゴは、Eの部分が卦になっており、そんなところにも、モダンにアレンジされた韓国の伝統美を感じさせられます。

<基本情報>
住所:ソウル特別市 江南区 駅三洞 602 奉恩寺路 120
電話番号:82-2-3451-8000
アクセス:地下鉄9号線新論峴駅 4番出口 徒歩2分 ルメリディアン・ソウル4階

ヘルシーな韓国料理を楽しみにソウルへ!

旅行をすると野菜不足になってしまいがちですが、ソウルでは屋台でも高級レストランでも、野菜料理や野菜を主材料にした食べ物が多く、滞在中も食べ過ぎなければヘルシーな食生活を送ることができます。日本からも近いソウルで、美食を極めてみませんか?

取材協力:ルメリディアン・ソウル

2017年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

関連MEMO

ルメリディアン・ソウル

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
"日本一"のラーメン店が100円下げた理由
マクドナルドを凌駕するフィリピンファストフード王者『ジョリビー』ー2018年に日本初上陸
海外の子供たちに日本のお菓子を初めて食べさせてみた時の反応いろいろ
Fカップ「ビール女子」・天野麻菜 ビール飲み続けたインスタ投稿が1500日目に
かつや 「タルタルチキンカツ丼」レギュラー化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加