最新ランキングをチェックしよう
「デス・バイ・アマゾン」で次に消える日本企業の名前

「デス・バイ・アマゾン」で次に消える日本企業の名前

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/01/23

危機感がなさすぎる
第1部で触れた、アマゾンの業務拡大によって業績の悪化が見込まれる米企業で構成された「アマゾン恐怖銘柄指数」の別名は、「デス・バイ・アマゾン(アマゾンによる死)」。
ウォルマートや百貨店最大手・メイシーズのほかにも、書籍チェーンや事務用品、家具、アパレルと、アメリカのありとあらゆる小売企業がアマゾンの波に呑み込まれ、軒並み減収や赤字にあえいでいる状況から、いつしか生まれた呼び名だ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
元『あいのり』嵐との旅行で感じた本音を吐露「どうでしょう、、、うーん」
谷山浩子、夫の死去を報告
ToDoリストが非生産的な理由
ライフハッカー[日本版]
中国の妻が作る弁当と日本の妻が作る弁当、比べてみたらこんなに違った!=中国メディア
「ぼくには天使の妹がいます」小学1年生が天国へ行った妹に書いた、作文コンクール最優秀賞作品「てんしのいもうと」に「本気で泣ける」「生きている家族の大切さを学ばされた」の声が寄せられる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加