最新ランキングをチェックしよう
「デス・バイ・アマゾン」で次に消える日本企業の名前

「デス・バイ・アマゾン」で次に消える日本企業の名前

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/01/23

危機感がなさすぎる
第1部で触れた、アマゾンの業務拡大によって業績の悪化が見込まれる米企業で構成された「アマゾン恐怖銘柄指数」の別名は、「デス・バイ・アマゾン(アマゾンによる死)」。
ウォルマートや百貨店最大手・メイシーズのほかにも、書籍チェーンや事務用品、家具、アパレルと、アメリカのありとあらゆる小売企業がアマゾンの波に呑み込まれ、軒並み減収や赤字にあえいでいる状況から、いつしか生まれた呼び名だ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
クロちゃんのキスシーンに悲鳴
鈴木保奈美、とんねるず石橋との夫婦生活明かす「ウチの夫が......」
母は浅野温子 NHK魚住アナ「あさイチ」登場で髪をかきあげ...華大に突っ込まれる
紅白出場のTWICE、慰安婦Tシャツ着用で物議に「反日と受け取られても仕方ない」
グロすぎ!?『水曜日のダウンタウン』クロちゃんと「キス」した美人モデルが大炎上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加