最新ランキングをチェックしよう
「デス・バイ・アマゾン」で次に消える日本企業の名前

「デス・バイ・アマゾン」で次に消える日本企業の名前

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/01/23

危機感がなさすぎる
第1部で触れた、アマゾンの業務拡大によって業績の悪化が見込まれる米企業で構成された「アマゾン恐怖銘柄指数」の別名は、「デス・バイ・アマゾン(アマゾンによる死)」。
ウォルマートや百貨店最大手・メイシーズのほかにも、書籍チェーンや事務用品、家具、アパレルと、アメリカのありとあらゆる小売企業がアマゾンの波に呑み込まれ、軒並み減収や赤字にあえいでいる状況から、いつしか生まれた呼び名だ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ドンキ×ユニー」の1号店が初公開、GMS事業再建の一歩となるか
AIで「仕事が変わる」は6割以上 「労働時間は変わらない」も6割超える
日本で強いブランドは何か? ブランド・ランキング公開
コインチェック、「お答えできない」のオンパレード...超高学歴集団の実像
「月10万円生活」? 安いといわれる地方移住後の生活費、思わぬ出費に要注意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加