ブルーメンが五輪新で金メダル、スピードスケート男子1万m

ブルーメンが五輪新で金メダル、スピードスケート男子1万m

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/02/15
No image

平昌冬季五輪、スピードスケート男子1万メートル。金メダル獲得を喜ぶテッドヤン・ブルーメン(2018年2月15日撮影)。

【AFP=時事】平昌冬季五輪は15日、スピードスケート男子1万メートルが行われ、カナダのテッドヤン・ブルーメンが五輪新記録となる12分39秒77で金メダルを獲得し、スピードスケートで圧倒的な力を誇るオランダ勢の牙城を崩した。

11日の5000メートルでは2位に終わっていたブルーメンは、オランダのヨリト・ベルフスマを銀、イタリアのニコラ・トゥモレロを銅メダルに抑えたことを確認すると涙を流した。

一方、5000メートルで表彰台の頂点に立ち、五輪で自身8個目のメダルを獲得したオランダの「皇帝」スベン・クラマーは6位に終わった。オランダ勢は今種目まで、平昌五輪のスピードスケート5種目すべてで金メダルを手にしていた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
コインチェック、「お答えできない」のオンパレード...超高学歴集団の実像
絵の中に何が見える?最初に見えたものであなたの性格がわかるらしい!
韓国脱げずにフランス脱げた「最悪の悪夢が起きた」
眞子さまと婚約者の「結婚延期」に借金トラブル被害者が胸中告白
みちょぱの圧巻美ボディにうっとり「憧れる」「大人SEXY」と絶賛の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加