「戦争カバン買いました!」高まる韓国の核保有論

「戦争カバン買いました!」高まる韓国の核保有論

  • 文春オンライン
  • 更新日:2017/09/20

「なんか雰囲気がおかしくなってきていないか」

全国紙記者(50代、中道派)は最近、こんなメッセージを友人からもらったという。

「友人は北朝鮮が韓国を攻撃することはない、戦争になんてなるわけがないという信念のようなものを持っているムンパ(文在寅大統領支持者)。3日の核実験前に会った時に、『まさかの有事に備えて水や保存食を準備しておいたほうがいい』と話すと『そんなことがあるわけがない』と怒って、しばらく連絡をとっていなかったんです。それが、この間(9月3日)の実験で北朝鮮の核の威力が今までよりも増しているとの報道を見て、“危機感”を覚えたようです」

「朝鮮半島危機」にも、まるで他人事のような雰囲気さえ漂っていた韓国社会にも、9月3日の北朝鮮の核実験から“危機感”のさざ波が見え始めている。

No image

韓国近郊で行われた軍事演習 ©getty

「戦争カバン買いました!」

北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験をした8月29日には、「戦争カバン買いました!」という動画がユーチューブにアップされた。これは、韓国のタレントが通称「戦争カバン」と呼ばれる非常食などが入ったリュックカバンの中身を紹介したもの。

このカバン、価格は10万~30万ウォン(約1万~3万円)台まであり、動画では23万ウォン(約2万3000円)のカバンが紹介されていた。カバンの中には、非常食の固形ビビンパッやパウンドケーキのほか居場所を知らせるホイッスルやマスクなどが入っている。「タレントの売名行為」、「戦争を煽っている」などと批判する声も聞かれたが、3日の核実験後からアクセス数はぐんと増え、48万回(11日現在)を超える人気動画になっている。

また、昨年9月に起きた慶州地震の後、昨年末に韓国の人気ユーチューバーがアップした動画「30万ウォンの日本の地震に備えた生存カバンには何が入っているのか!?」にも再びアクセスが集まっていて、携帯用ラジオの売れ行きも9月に入ってから急増(8月末から40%増)しているという。

江南人が有事に備え始めた

日常会話でも北朝鮮問題が話題になり、犬の散歩で時々すれ違い話を交していたような人からも、「何か準備している? 日本ではどう報道されているの?」と訊かれるようになった。

ソウル市の江南に住む40代の会社員は毎週日曜日に通う教会でこんな話になったという。

「誰からともなく今の北朝鮮情勢の話になりました。駐韓米軍で韓国兵として勤務している息子さんが持ってきた軍用保存食をそのまま保管していると話す人がいて驚いていたら、他にも、もしもに備えているという人がいてびっくりしました。江南の住人の中には(有事に)準備している人もいるようです」

「江南」は、ソウル市内を横断する漢江の南にある「富」の象徴地域。富裕層が多く住み、保守派が多勢であることでも知られる。

この話を50代の主婦にすると、「江南人が準備しているの??? それじゃあ、やっぱり準備しないとまずいかも。まあ、戦争にはならないと思うけど、情報は彼ら(江南)のほうが早いだろうから」。そう言って、真顔になった。

94年危機を思い出す

「94年危機の時には大人がコメだ、ラーメンだ、水だと買い占めていたことを思い出しました」。こう話す30代の会社員もいる。

94年危機とは、「ソウル火の海」発言で知られる、朝鮮半島第1次核危機のことだ。この時IAEA(国際原子力機関)の特別査察を拒んだ北朝鮮が実験炉から燃料棒を抜き取り、事態は緊迫。当時、米クリントン大統領は北朝鮮の核施設の空爆破壊を計画に入れた。これに対し、北朝鮮は「米国の核施設空爆には38度線からの砲撃でソウルを火の海とする」と口爆弾を飛ばし、抜き差しならない状態にまで進んだ。この状況に、韓国では非常食をはじめ防災品を買い占める人が続出したという。

この第1次危機では、あわやのところで、当時の韓国の金泳三大統領が空爆中止を米国に要請。米国からはカーター元大統領が特使として北朝鮮に飛び、故金日成国家主席と対話し、危機は回避された。

94年の危機から23年。再び緊張が高まっている。

No image

9月9日の北朝鮮建国記念日には韓国でデモが起こった ©getty

高まる核保有論

しかし、世論調査会社「韓国ギャラップ」の北朝鮮の核についての調査(9月8日)をみると、「北朝鮮が実際に戦争を起こす可能性がある」と考えている人は37%と低い。94年の危機前後には「北朝鮮が戦争を起こす可能性がある」とした人は50~69%いたが、そこから緩やかに減り、2006年10月9日に北朝鮮が初めて核実験をしたときに一時50%を超え、その後は下降線をたどっている。米国による北朝鮮への先制攻撃にも反対する声のほうが多かった(賛成33%、反対59%)。ただ、北朝鮮の「6回目の核実験が朝鮮半島の平和において脅威」とするのは76%と高かった。また、この調査で目を引いたのは核保有論が高まってきていることだ(60%。2016年9月から2ポイント増)。

冒頭の全国紙記者が言う。

「韓国では北朝鮮の脅威について慣れっこになっているところもあるし、楽観的に見ているところもある。それに戦争はないだろうと思いたい気持ちも強い。それが世論調査の数字に表れていると思いますが、何が起こるか分からない不安はいつも片隅にあります。

核保有論については、米国で『北朝鮮の核保有容認論』や『戦術核の韓国への再配置』が言われ始めて、韓国の保守派が(韓国の)核保有へ積極的に動き出していて、進歩派の中にも論議すべき時だという立場の人が出てきています。これからますますこのイシューが高まるでしょう」

保守派の中には、少数だが、こう話す60代後半の男性もいた。

「北朝鮮に何度もミサイル発射実験をされても文大統領が『対話』を持ち出していて恥ずかしくてしょうがなかった。ここまで韓国人の危機感が鈍ったのは、歴代政権がきちんと危機感を植えつけてこなかったからです。韓国は5000万人の人質を北朝鮮にとられているようなもの。米トランプ大統領は、先制攻撃した際の死亡者数を推定したと聞きましたが、いくらかの犠牲を払ってもここで北朝鮮を叩くべきで、韓国も核を保有すべきです」

先出の50代の主婦はぽつりとこんなことを漏らしていた。

「戦争が起きるかもしれないといわれても、ここが故郷だし、逃げるところもないから、できるのは備えることぐらい」

どこかで聞いたような言葉だと思ったら、東京に住んでいた頃、「地震への恐怖はないのか」と韓国の人に聞かれて筆者自身が答えた言葉と同じものだった。

(菅野 朋子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本人は知らない、反日教育になびかぬ2億人もの中国人たち
なぜだ!?中国人が夢に見るほどうらやましがる日本の道路―中国メディア
アフリカを飲み込みつつある中国人のエゲツない「黒人差別」意識
「見栄のため」に自動車を買う中国人が、日本を走る自動車を見て驚いたこと=中国メディア
北海道に「500万人の中国人」が押し寄せる未来 | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その6~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加