スマホで“家”が買える「ジブンハウス」に切妻屋根をアレンジした新シリーズ「Urban」が登場

スマホで“家”が買える「ジブンハウス」に切妻屋根をアレンジした新シリーズ「Urban」が登場

  • MdN
  • 更新日:2018/02/14
No image

株式会社ジブンハウスは、2月13日、同社が運営する住宅購入用ECサイト「ジブンハウス」において、世界的デザイナー・近藤康夫氏+Moving Ball studioがデザインを担当した新シリーズ「Urban(アーバン)」を追加すると発表した。価格は1050万円(税抜)から。

「ジブンハウス」は、スマートフォンで家が買える、住宅購入用ECサイトだ。Webサイト上で好きな家のスタイルを選択し、建材や家具・設備などをカスタマイズ。見積もり、VRでの内覧、購入の窓口相談までがすべてスマホ一台で完結し、仕事や家事の合間にもマイホームの夢を着々と進めることができる新時代のサービスである。

共働き世帯が増え、休日毎に住宅展示場を回るといった従来の家づくり過程が難しくなってきている時代において、忙しい現代人のライフスタイルに合わせた「新しい家の見つけ方・買い方」を提案する。

今回追加された新モデル「Urban」は、伝統的な切り妻型を、現代的にアレンジしたインパクトのある外観が特徴的で、正面の素材はマットな表情の金属系サイディングを採用し、街並との調和を、側面はリブ状の金属系サイディングでシャープかつ都会的な雰囲気を表現している。間取りは、一階には広いリビングダイビングと対面式キッチン・水回りを備え、二階は大小3部屋に2カ所のウォークインクローゼット、階段横にフリースペースを備える、コンパクトながら住みやすそうな構造だ。

デザインは、東証アローズ(2000年度毎日デザイン賞受賞)のデザインなど、建築・プロダクトデザインに幅広い実績を持つ近藤康夫氏と、エキシビジョン・インテリアデザインを中心に活動し、アジア圏各国で幅広くデザイン活動を展開するMoving Ball studioが担当し、見る角度で表情の変わる二面性ある佇まいが、趣味や個性をひきださせるクリエイティブな空間を提供する住宅となっている。

No image

選べる住宅スタイル

No image

ウェブ上でVRを内覧することが可能

株式会社ジブンハウス
URL:http://jibunhouse.jp/
2018/02/14

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
全米ライフル協会への優遇打ち切り続々 航空大手ら
美人コンパニオンも多数登場!「NAGOYAオートトレンド2018」が開幕
京急電鉄「創立120周年記念乗車券」 発祥の地・川崎大師駅で発売
売れ筋ダウンはモンクレールとユニクロ 両極端な消費動向
20年前、片道4000円で超ガラガラだった東京湾アクアラインは800円になってこうなった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加