熱戦必至の注目カード。トップリーグ第8節「ヤマハ発動機×NTTコム」プレビュー

熱戦必至の注目カード。トップリーグ第8節「ヤマハ発動機×NTTコム」プレビュー

  • J SPORTS
  • 更新日:2017/10/13
No image

2017年度のトップリーグは第8節に突入。

先週は、数名の主力を欠いた神戸製鋼がキヤノンに敗れて今季初黒星。

これで全勝キープはサントリーとパナソニックの2チームとなり、勝利数では1敗の神戸製鋼が続く状況となった。

そんな3チームを勝ち星の上で追いかけるのが、5勝2敗のヤマハ発動機ジュビロ。そして、4勝3敗のNTTコミュニケーションズ シャイニングアークスだ。

それぞれが、所属カンファレンスから決勝トーナメント進出(各カンファレンス上位2チーム)を目指している。

そんな強豪同士が10月14日(土)、静岡・エコパスタジアムで激突する。

ホワイトカンファレンス2位(総勝ち点25)のヤマハ発動機は、第6節で神戸製鋼に19−38で敗れ、今季2敗目を喫した。

しかし先週の第7節では、NECに35−15で勝利。ボーナスポイントも獲得した。前日に同カンファレンス3位のリコーがトヨタ自動車に敗れていたため、リコーとの勝ち点差は「1」から「5」に広がった。

ただ、そのNEC戦ではラインアウトの精度を欠くなど、強みを存分に発揮することができなかった。次こそ自慢のセットプレーで優位に立ち、ホームファンの期待に応えることができるか。

敵地へ乗り込むNTTコムは、ここまで4勝を挙げてレッドカンファレンス4位(総勝ち点18)。

NTTドコモとの“NTTダービー”となった前節は、好守からペースを握って27−18で勝利した。

ひとつの判断ミスが失点につながる場面もあったが、組織ディフェンスに自信を深める内容だったのではないだろうか。

両チームの先発メンバーを見てみると、ヤマハ発動機は特にフロントファイブ(FW第1、2列)を固定しており、今週もPR山本幸輝、HO日野剛志、PR伊藤平一郎、LO大戸裕矢、LOデューク・クリシュナンがスターターとなる。

FW第3列では、チーム3年目で本領を発揮しているFL西内勇人。強力なボールキャリアーであるNO8堀江恭佑キャプテンがチームを引っ張る。

今季も重要な局面に登場するのは、やはりこの二人なのかもしれない。ハーフバック団は、SH矢富勇毅、SO大田尾竜彦プレイングコーチの“早大出身コンビ”が務める。

両センターはリーグ屈指の破壊力を誇る二人、ヴィリアミ・タヒトゥア、マレ・サウが並ぶ。最後尾は開幕から全試合先発中のFB五郎丸歩だ。

NTTコムのスターターは、主軸の一人であるLOヴィリー・ブリッツがメンバー外となったが、指揮官のロブ・ペニー ヘッドコーチはメンバーに自信をもっているだろう。

攻守に機能するLO鶴谷昌隆の復帰は大きい。ロックとしてコンビを組む牧野内翔馬も、ルーキーながら存在感を放ち始めている。

FW第3列はFL栗原大介とFL金正奎キャプテン。そして世界屈指のナンバーエイトであるアマナキ・レレイ・マフィ。

アタックを指揮するのは、SH光井勇人とSO小倉順平の同期コンビ。石橋拓也とシェーン・ゲイツの両センターは好タックラーであり、トイメンに立つヤマハ発動機のタヒトゥア&サウとの対決に注目が集まる。フルバックは、突破力が出色のブラッキン・カラウリアヘンリーだ。

ホームサイドとなるヤマハ発動機は、当然ながらスクラム戦から試合のペースを握りたいはず。スクラムへの情熱こそがヤマハ発動機の文化のひとつだ。

また、今季はここまでクリーンブレイク数(タックラーに触らせずに抜け出した回数)がリーグ2位であり、相手ディフェンスに亀裂を生じさせた上で、多くの強力ランナーが突破口を開くことができている。

そのランナーの代表格は、クリーンブレイク数が個人ランキング単独トップ(17回)のCTBタヒトゥアと、同ランキング4位のCTBサウ(13回)だろう。強力なセンターコンビが躍動すれば、今季6勝目がより近づくはずだ。

対するNTTコムは、そんなヤマハ発動機の強力ランナーを封じ込めることができるか。しかしヤマハ発動機は、相手の注意がエリア外側へ向いたところでラックサイドを突くなど、相手を翻弄することにも長けている。堅固なディフェンスをワイドに保ち続けたい。

攻撃力ではNTTコムも引けを取らない。NO8アマナキ・レレイ・マフィを筆頭に、LO鶴谷、CTB石橋、FBカラウリアヘンリーら好ランナーが揃う。同じくランスキルに長けたSH光井&SO小倉のハーフバック団はキックも長所。おのおのが魅力を発揮し、第2、3節以来の連勝を飾りたい。

魅力的な両チーム同士の激突は、果たしてどんな結末に辿り着くのか。「ヤマハ発動機ジュビロ×NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス」は、10月14日(土)午後8:00からJ SPORTS 1で放送、J SPORTS オンデマンドで配信される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
元SMAP・香取慎吾のイベントに、ついに飯島三智マネジャーが現れた!「異常な拒絶反応でキレまくり......」
ヒクソン・グレイシーが語る『PRIDE.1』高田延彦戦20年目の真実 「タカダがどれほどの実力の持ち主なのかは関係なかった」
メディアに叩かれてたけど、本当はスゴい4人の議員
「お前はバカだ」学習障害を乗り越えて専門学校を卒業した女性の投稿に勇気付けられる
これは凄い「革命的」過ぎるソファが話題に!一人暮らしに欲しい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加