外国でも人気の日本食だけど外国人には驚かれる!気をつけて選びたい日本食5選

外国でも人気の日本食だけど外国人には驚かれる!気をつけて選びたい日本食5選

  • ippin
  • 更新日:2016/12/01
No image

Byippin編集部

ユネスコ無形文化遺産にも登録された「和食」。世界で普及しており、寿司やてんぷらならなどの単語でも海外では通じるところがあるほど、広まっています。しかし、全ての日本食が好まれているわけではありません。中には苦手や敬遠されているモノもあります。今回はお土産や日本で食事をするときになど、事前に知っておくと便利な外国人の方に驚かれる日本の食べ物を紹介いたします。驚かれるからこそこだわりのモノを選んで、「美味しい!」と驚いてもらいませんか?

1:海苔のイメージを変えるのにピッタリな特選 焼きのり

No image
No image

ごはんとの相性もいい「海苔」。好みもあるかと思いますが、外国人の方には苦手な方も多いそうです。また、海苔を消化できる腸内バクテリアがいるのは日本人だけなので、外国人の方には消化ができないという説もありますが、焼いた海苔は外国人の方にも食べられるとのこと。外国人の方に海苔のお土産を渡すきっかけがある場合は、こちらの鳥山海苔店の「特選 焼のり」を選んでみてはいかがでしょうか。目利きで選び抜かれた特選の海苔ですので、きっと今まで食べたものとの違いに気づくはずです。一番のオススメの食べ方はおにぎりだそうですので、海苔に対するイメージを変えてみてはいかがでしょうか。

特選海苔で一段と美味しくなる「おにぎり」の味

職人醤油 代表 高橋万太郎

2:創業160年の歴史のあるお店の大粒のいくらがたっぷり入った「いくら醤油漬」

No image
No image

こちらもごはんと相性のいい「いくら」。何でもキャビアはチョウザメの卵ですが、ヨーロッパの一部の地域では、魚卵は食べる習慣がないそう。そのため最初は苦手な方も多いそうです。もし、食べる機会を設けるならいくらとの相性のいい食べ物を用意するのもいいですが、ここは良い物を選んではいかがでしょうか。創業160年の歴史のある新潟にある新潟加島屋の「いくら醤油漬」は、濃すぎず薄すぎず絶妙な味わいの大粒のいくらだそう。ここは、定番のごはんと一緒に食べさせて美味しさに気づかせてください。

貰って絶対嬉しい贅沢ごはんのお供。新潟・加島屋の大粒いくら醤油漬

ケーキデザイナー 鈴木ありさ

3:よく混ぜて粘りをたくさん出して食べたい、粘りが特徴の「過激にうまい!いいなっトウッ!」

No image

海外でも地域によっては食文化にもある「納豆」。しかし、においやヌメヌメが外国人の方には敬遠されているそう。もしお土産や食事などで納豆を選ぶなら、名前からうまさをうたっている竹之下フーズの「過激にうまい!いいなっトウッ!」はいかがでしょうか。粘りが特長で、食べる際にはよく混ぜて粘りをたくさん出すのがポイントだそう。 仕上げに醤油とからし、ねぎなどを入れると、大粒で豆感をとっても味わえるとのこと。味付けや他のつけ合わせと組み合わせて食べる方法で、食べさせてみてください。考えが変わるかもしれません。

納豆らしさがまじめに美味しい!「過激にうまい!いいなっトウッ!」

魚料理研究家 是友麻希

4:天ぷら屋さんでは食べ放題の人気メニュー「いかの塩辛」

No image
No image

元々の姿から苦手な方が多いようで、それが形を変えてもなかなか好まれていないのが「塩辛」だそうです。元のイカの姿と、ヌメヌメした食感はインパクトがありますが、せっかくなら気に入ってもらいたいもの。お土産や食事などの機会に選びたいのが、福岡にある天ぷら ひらおの「いかの塩辛」。お店では食べ放題の人気の商品で、天ぷらを食べる前にごはんを一杯平らげてしまうほどだそう。お土産などでも選んだ際には、必ずそのままではなくごはんと一緒に食べてもらうように伝えましょう。

ご飯もお酒もおどろくほど進む!鮮度抜群の「ひらお」のいかの塩辛

フリーライター 高柳淳

5:ウニの風味を損なうことなく旨味を十分に味わえる「雲丹酒盗」

No image
No image

こちらも元の形や食べる際の形に敬遠される方も多いという「ウニ」。美味しいのは生だと思いますが、苦手な方には他のものと合わせて美味しさを引き出している丸秀の「雲丹酒盗」はいかがでしょうか。ウニを酒と醤油に漬け込んでおり、アルコールや防腐剤などは一切使用しようせず、風味を損なうことなく旨味を十分に味わえるのとこと。オンラインで注文した場合でも工場からわずか3日で日本へ届くので、予めお土産や食事などでも用意ができるので、ぜひこちらのウニでイメージを覆してみませんか

サンタバーバラ沖合で採れる天然ウニの酒盗とシャンパーニュのシアワセ

サカキラボ所長 サカキテツ朗

ippin編集部ippin編集部の記事をもっと読む!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
《ミスドのクリスマス♪》みんなでシェアできる直径18cmの"ビッグドーナッツ"がボリューミーで可愛い♡
「田ウェーイwww」で知られる超神ネイガー米食べてみた 流石すぎて「米ウメーイwww」ってなった
関西人になった気がしました【こぐれひでこの「ごはん日記」】
そろそろ決めておこう! クリスマスのための伝統菓子・シュトレン
青果問屋の三代目がオープンさせた、こだわりのアップルパイのお店

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加