レギュラーガソリン、前週比1.6円高の124.6円...10か月ぶりの高値

レギュラーガソリン、前週比1.6円高の124.6円...10か月ぶりの高値

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/19
No image

資源エネルギー庁が10月19日に発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、10月17日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は前週の調査から1.6円値上がりし124.6円となった。

レギュラーガソリンの値上がりは2週連続。昨年12月14日の調査以来、10か月ぶりの高値となった。

地域別では、北海道で3.3円、東北で2.2円、関東と中国で2.1円、中部で1.9円、近畿と九州・沖縄で1.0円、四国で0.9円と、全エリアで大きく値を上げた。

ハイオクガソリンは1.8円高の135.4円、軽油は1.4高の103.7円だった。

60万人の会員を持つガソリン価格投稿/愛車燃費管理サービス「e燃費」によると、10月19日のレギュラーガソリンの全国平均購入価格は117.7円/リットル(前週比+4.0円)、ハイオクは127.9円/リットル(同+2.9円)、軽油は90.9円/リットル(同+2.6円)だった。

なお資源エネルギー庁による平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ろうそく灯を再現、「ゆらぎ機能」搭載オレンジLED提灯
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
ユニクロに1年潜入取材してみた!
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
ニッポンの自動車史に名を刻んだオモシロ軽自動車大集合!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加