葵わかな「わろてんか」とうとう寄席開業20・8%

葵わかな「わろてんか」とうとう寄席開業20・8%

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

NHK連続テレビ小説「わろてんか」ヒロイン葵わかな(右)と松坂桃李

女優葵わかな(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「わろてんか」(午前8時)の13日放送第37話の平均視聴率が20・8%(関東地区)だったことが14日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最高は第3話の22・3%。

同ドラマは明治から昭和初期の大阪を舞台に、笑いをビジネスにしたヒロイン藤岡てんの活躍を描く。吉本興業創業者の吉本せいがモデル。

葵は、3度目の挑戦となったオーディションで、応募2378人からヒロインに選出。12~14年までアイドルユニット「乙女新党」のメンバーだった。

第37話は、芸人仲間のサポートもあって寄席の準備を整えたてん(葵わかな)。藤吉(松坂桃李)は、寄席のトリを務める芸人を探し、玄白という落語家の出演を取り付ける。寄席の名前は「風鳥亭」に決定。啄子(鈴木京香)は、新しい門出のお祝いとして、てんのために着物を仕立て直した。そしていよいよ「風鳥亭」の幕が上がる、という内容だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“未来のノーベル賞候補”工学研究者・玉城絵美氏の忙し過ぎる毎日
保阪尚希 今や通販王 儲ける秘訣とこだわり過ぎる生活明かす
オードリー、二人が初めての合コンでご飯を食べられなかった理由にスタジオから悲鳴
高橋一生の“エロシーン完全消滅”で6.9%自己最低更新! フジ月9『民衆の敵』がテコ入れか
ファンタビ女優が出演!「TRUE DETECTIVE」第3シーズン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加