ビデオ会議に強いビジネスチャットツール3選

ビデオ会議に強いビジネスチャットツール3選

  • @DIME
  • 更新日:2018/09/24
No image

ここでは、日本で主に活用されているビジネスチャットをいくつかピックアップした。それぞれのサービスの特徴や料金などだけでなく、具体的な導入事例も挙げたので、参考にしていただきたい。

ビデオチャット系

Skypeのビジネス版

No image

Skype for Business

月額利用料:440円~
無料版の有無:なし
トライアル:「Office 365」の機能を拡張した「Office 365スイート」製品のユーザーであれば、ほとんどが利用可能

No image

ビデオチャットの定番サービスのビジネス版。パワポを表示しながらビデオチャットができるなど、利便性が高く、対応デバイスが多いのもうれしい。今後、『Microsoft Teams』に『Skype for business』の会議機能を追加予定だが、当面は本サービスの提供も継続する見込み。

ビジネス向けGoogle ハングアウト/世界中の人と自由にやり取り

No image

Hangouts Chat

月額利用料:G Suitの利用は1ユーザー600円~
無料版の有無:あり(Google ハングアウト)
トライアル:GmailやGoogle ドライブと同様、無料で使えるが、サービス可動保証などはない

No image

Googleのビジネス向けサービス「G Suite」の機能として2月にリリース。Google ドライブとのシームレスな連携や複数のチャットを横断して検索できる。英語のみだが、短文の返信候補を提案する「スマートリプライ」などGoogleらしい機能も備える。

今、最も勢いがあるクラウド型ビデオ会議

No image

zoom

月額利用料:1主催者ライセンス 14.99米ドル~
無料版:あり
トライアル:2人(1対1)までは機能も時間も制限なし。グループミーティングは40分まで

No image

『Slack』や『Skype for Business』とも連携し、世界75万以上のユーザー登録があるビデオ会議アプリケーション。PC、スマホ、タブレットなど異なるOS間でも簡単かつ同じ操作で快適に利用できるとあって、国内の利用者が急増中。1万人までのウェブセミナーや会議室向けの機能もある。

取材・文/橋本 保

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
入場規制があった旭化成エレクトロニクス、超低消費電力系アイテム...CEATEC 2018
ドコモ、名刺サイズの「カードケータイ」発表
パソコン&タブレットで音楽や動画を楽しむ人におすすめ!モニタースピーカー『iLoud Micro Monitor』はコンパクトなのにガツンとパワフル!
動画で振り返る、本日発表されたGoogle新製品まとめ。48秒でワクワクを味わう!
ロジクールの有線マウス最上位「G502 HERO」が18日発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加