世界初の完全サイボーグ化手術を行う決断をした、末期の病に冒されたロボット科学者(イギリス)

世界初の完全サイボーグ化手術を行う決断をした、末期の病に冒されたロボット科学者(イギリス)

  • カラパイア
  • 更新日:2019/10/15

今から2年前、運動ニューロン疾患と診断された高名なロボット学者ピーター・スコット=モーガン博士は人間を辞める決断をした。
 いや、人間とは何か? という命題に対して科学的な挑戦状を突きつけたといった方が正しいのかもしれない。
 体が動かなくなる病に冒されつつも、科学者としての探究心と勇気を失わなかったスコット=モーガン博士(61歳)は、自身の生体を少しずつ機械の体に置き換えることにしたのだ。その準

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加