【野球】阪神今季本塁打数は113本 前年比23本増、27年ぶりに巨人を下回らず

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/17
No image

最近10年間の阪神チーム本塁打数

金本阪神2年目のチーム打撃成績で、打率、得点、本塁打、打点のいずれもが昨季2016年を上回った(打率=・245→・249、得点=506→589、本塁打=90→113、打点=475→559)。

中でも本塁打は巨人と並ぶリーグ3位タイの113本とはいえ、昨季から23本増。阪神のチーム本塁打が巨人を下回らなかったのは、1990年(阪神135、巨人134)以来、27年ぶりとなった。

阪神のチーム本塁打は2012年には58本まで落ち込んだが、100本の“大台”を超えたのは、2010年(173本)以来、7年ぶり。ちなみに、この年はブラゼル47本を筆頭に城島28本、新井と鳥谷各19本、マートン17本、金本16本と2桁本塁打が6人。優勝した2003年(141)、05年(140)の本塁打数を上回った。

10年は本塁打による打点が286あったが、今季は昨季の138打点から約31%、43打点増の181打点。ただし、満塁本塁打は2年ぶりの0に終わった。(デイリースポーツ・記録部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
侍にリンゴスター誕生 外崎が3戦6安打4打点でMVP 青森の実家はリンゴ園
藤谷、ビックリ7発!矢野2軍監督納得「一番飛んでいた」打撃練習継続決定
アジアCSベストナイン、侍から5名選出 好機演出、日ハム同期コンビも!
由伸監督「Gグラブ取れたし」小林ベストナイン課す
侍MVP外崎の青森実家リンゴ園は「今忙しい時期」ネット直販で現在は予約完売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加