最新ランキングをチェックしよう
「これはTVへのエールではない」、『グッドモーニングショー』に託した君塚良一監督の批判と可能性

「これはTVへのエールではない」、『グッドモーニングショー』に託した君塚良一監督の批判と可能性

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2016/10/19

『誰も守ってくれない』では容疑者家族の人権を無視する、過熱報道。『遺体 明日への十日間』ではニュースにならない、震災直後の現実と真実。現代の「マスメディア」を物語の中にまじえてきた君塚良一監督。『グッドモーニングショー』(公開中)では、テレビの中でももっとも下世話な印象がある「ワイドショー番組」をテーマにしている。
芸能人の熱愛、政治ネタ、スイーツ、占い、お天気などあらゆる情報を報道するのが、ワイ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北川景子が母親に!? 『家売るオンナ』SPドラマで復活
チャイナドレス姿の覆面美女が颯爽と登場、ユニークな京劇マスクに熱視線―中国
バカリズム、OL役にすっかりなじむ「更衣室もすごく居心地が良い」
極楽とんぼ・山本、渋谷の街でフリーハグ決行!
バカリズムが“良かれと思って”本音をトーク!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加