三菱自、営業赤字に転落へ 最終赤字は2400億円に膨らむ

三菱自、営業赤字に転落へ 最終赤字は2400億円に膨らむ

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2016/10/19

三菱自動車工業は10月19日、2017年3月期通期の連結営業損益が280億円の赤字(前期は1383億円の黒字)に転落する見通しだと発表した。前回予想は250億円の黒字だったが、市場措置費用などを上積みした上、新興市場の減速も響く。為替レートの見直しもあり、最終損益は前回予想から950億円悪化し、2400億円の赤字になる見通しだ。

No image

燃費試験の不正が発覚した軽自動車「eKワゴン」

売上高は前回予想から700億円減の1兆8400億円に下方修正。中東・中南米など新興市場で市況回復が遅れていることもあり、連結販売台数は前回予想から2万9000台引き下げ、93万3000台とした。

No image

営業損益の修正要因=IR資料より

市場措置費用として380億円を積み増す上、為替レート変更の影響が340億円のマイナス要因に。軽自動車4車種を生産する水島製作所(岡山県倉敷市)の減損を見直すことで155億円の特別損失を計上することも響く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アマゾンがKindle半額セール実施。プライムなら新Kindleが6割引3480円、Paperwhiteが5割引6980円など
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
2030年にメーカーの利益は半減...デロイトトーマツが自動車産業の行く先を予想した
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加