オリックスと中電工、山口県内で3件のメガソーラーを運転開始

オリックスと中電工、山口県内で3件のメガソーラーを運転開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/01

オリックスと中電工は12月1日、山口県内で建設した最大出力1.3MWの「OC吉永資材太陽光発電所」、最大出力2.5MWの「OC岩国太陽光発電所」、最大出力2.5MWの「OC日新製鋼奈切土地太陽光発電所」の3件のメガソーラーを運転開始したと発表した。

オリックスと中電工は、2014年3月に中国エリアにおいて共同で太陽光発電事業を推進することで提携しており、すでに運転が開始されている香川県の「OC三豊太陽光発電所」、岡山県の「OC東野崎エリアⅠ太陽光発電所」「OC東野崎エリアⅡ太陽光発電所」を合わせると今回で合計6件目の運転開始となる。合計の総出力規模は13.6MW。

No image

「OC吉永資材太陽光発電所」の外観

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【CES 17】米ファラデー、テスラ対抗EVはミラーレスに
アイドルオタク、調査結果にブチ切れ 「年8万円消費」で済むわけないだろ!
簡単に車中泊が楽しめるホンダ『フリード+』の遊び方
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
北千住で幕を下ろしたディスカウントの先駆け「TOPOS」から見る小売業界の栄枯盛衰
  • このエントリーをはてなブックマークに追加