宮里藍バーディー発進 ギャラリーから大きな歓声

宮里藍バーディー発進 ギャラリーから大きな歓声

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

初日予選、スタートの10番をバーディー発進し、笑顔で手を振る宮里(撮影・浅見桂子)

<米女子ゴルフ:エビアン選手権>◇15日◇第2日◇フランス・エビアンリゾートGC(6482ヤード、パー71)◇賞金総額335万ドル(約3億6900万円)

第1日が悪天候で中止になり、仕切り直しの第1ラウンドで、今大会で引退する宮里藍(32=サントリ)が連続バーディーで発進した。インスタートの10番で2オンできなかったが、グリーン手前のピンまで約10メートルの位置からチップインバーディーを決めた。

ギャラリーからの大きな歓声を浴びながら、笑顔で向かった11番も約8メートルのロングパットをねじ込み、バーディーを奪った。

予選ラウンドは自ら指名したポーラ・クリーマー(31=米国)、元世界ランキング1位のヤニ・ツェン(28=台湾)と同組でラウンドしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
奈紗、藍から松山から祝福LINE V2懸けて日本女子OP
松山英樹 年間最優秀選手候補の1人にノミネート
松山、年間自己最高8位 ツアー最終戦は30人中26位で終戦
松山、今季米ツアー25戦出場で優勝4回 来季は10・5開幕
松山英樹、米挑戦4年目終え「いい時と悪い時の波」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加