記録で見るナ・リーグ地区シリーズ ナショナルズ“4度目の正直”なるか

記録で見るナ・リーグ地区シリーズ ナショナルズ“4度目の正直”なるか

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/12

◇ナ・リーグ地区シリーズ第4戦 ナショナルズ5―0カブス(2017年10月11日 シカゴ)

No image

好投したナショナルズのストラスバーグ(AP)

ナショナルズの先発ストラスバーグは2009年ドラフトの全体トップ指名選手。しかし10年と12年にひじのじん帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けるなど2度の故障を乗り越えてここまで現役生活を続けている。

この日は7回を投げて12奪三振。6日のシリーズ初戦(0―3で敗戦)でも7回で10三振を奪っており、このシーズでの奪三振率(9イニング換算)は14・14となった。今季は175回1/3を投げて204三振を奪っており、奪三振率は10・47。カブスとの地区シリーズではレギュラーシーズンをはるかに上回るペースで「K」を並べている。

ナショナルズは過去3回、地区シリーズでいずれも敗退。12年はカージナルス(2勝3敗)、14年はジャイアンツ(1勝3敗)、16年はドジャース(2勝3敗)と2005年にチームが発足して以来、まだシリーズを一度も制覇していない。カブスとはレギュラーシーズンでは4勝3敗。地区シリーズの最終戦は過去3回はね返された“壁”を打破できるかどうかの大一番となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドジャースが2本塁打で逆転に成功、2回にイーシア、3回にテイラーがソロ弾
前田健太、圧巻の好救援をMLB公式サイト特集 ド軍監督も感謝「何とも贅沢」
ヤンキース「現実的でない」劇的逆転勝ちで2勝2敗
ダルビッシュで3連勝&WS進出王手へ ド軍監督「信頼は大幅に増している」
前田健太も「秘密兵器に」 カブス監督が“異次元”ドジャース救援陣に重圧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加