日本ハム近藤は4割景気で大幅増、来季は首位打者を

日本ハム近藤は4割景気で大幅増、来季は首位打者を

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/06
No image

契約更改を終え会見をする日本ハム近藤(撮影・佐藤翔太)

日本ハム近藤がハイレベルの目標を立てた。1300万円増の年俸5600万円で契約更改した(金額は推定)。今季は腰の手術で約3カ月の離脱もあったが、57試合の出場で打率4割1分3厘をマーク。開幕から打率4割超の球団最長記録も更新。「2カ月しか働いていない」と苦笑いするものの、年俸もしっかり上げた。

来季の目標は明確で現実的だ。「首位打者を目指したい」。当然のように言い切り、打率の目標を問われると「パ・リーグはいい打者が多いので、3割5分くらいは打たないと」と言った。最低ラインとした数字は今季の両リーグ打率1位DeNA宮崎の3割2分3厘をはるかに上回る。それでも「4割男」にとっては、普通の目標設定だ。

唯一の課題となる守備は「どこでもやるつもり」と、本職の捕手に加え二塁などの内野手や外野手としても準備する。今秋、侍ジャパンでも際立った打棒を、来季は1年を通して発揮し続ける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・和田TA、「タイガースアカデミー」特別顧問就任
【MLB】大谷の心強い味方 エンゼルス名手3人の“美技動画”に「シーズンが待ち遠しい」
松坂大輔が破格の“安売りセール”で阪神、中日に移籍打診?!
胃がんからの復帰を目指す! 広島カープ赤松選手が術後初の講演会
「打率.162」でOK!? ヤクルト・大松尚逸が見せた数字以上の働き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加