BMW 7シリーズ も完全電動化か、極秘テスト車両を目撃...メルセデスEQSに対抗

BMW 7シリーズ も完全電動化か、極秘テスト車両を目撃...メルセデスEQSに対抗

  • レスポンス
  • 更新日:2019/11/20
No image

BMW 7シリーズEV(i7)開発車両スクープ写真

もっと画像を見る
BMWのフラッグシップセダン『7シリーズ』に、EVモデルが登場する可能性がある。スクープサイト『Spyder7』が、開発中と思われる車両をスクープした。

キャリアカーでの輸送中を捉えた7シリーズをベースとしたプロトタイプは、フロントドアに「Electric Test Vehicle」(電動テスト車両)のステッカー、フロントフェンダー後部に充電ポートが設置されているなど、EVモデルとみて間違いなさそうだ。

またヘッドライトとテールライトがカモフラージュされていることからもグラフィックを変更し、差別化を図る可能性が高い。但し、BMWは2022年中にも7シリーズのフルモデルチェンジを控えており、このEVが現行モデルに設定されるのか、あるいは次期型なのかは不明だ。

確かなことは、今後7シリーズは内燃機関、PHEV、EVの3つの異なるバージョンが設定されることだ。EVでは『i7』と『i7 S』が設定され、i7には2ドアクーペEV『i4』と共有する80kWhのバッテリーを搭載、高性能i7 Sには120kWhのバッテリーを搭載し、最高出力は670hp以上、フル充電による航続距離は434マイル(約700km)と噂されている。

両モデルとも、四輪駆動レイアウトを可能にするデュアルモーターを使用、ポルシェ『タイカン』同様の800V高速充電システムに対応するとみられる。ライバルはメルセデスベンツの最高級EVサルーン『EQS』だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マイナンバーカードを持てば25%還元でお得? マイナポイントの疑問を総務省に直撃した
「トップを降りるつもりはないのか?」ユニクロ・柳井社長に“後継者問題”を直撃すると......
朝日新聞「最大6千万円で早期退職者を募集」報道にネット衝撃
ロト7予想:キャリーオーバー18億7644万7595円発生中! 正夢くんのロト7予想 / 第346回「03」「04」「17」「19」「22」「30」「34」
セブン、セコマと真逆の利益強奪経営の限界...社員の無断発注横行、店舗利益6割吸い上げ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加