KAT-TUN中丸雄一、ブラホック外しは「スポーツ」 極意を語る「誤解しないで。変態ではないです」

KAT-TUN中丸雄一、ブラホック外しは「スポーツ」 極意を語る「誤解しないで。変態ではないです」

  • モデルプレス
  • 更新日:2019/03/03

【中丸雄一/モデルプレ=3月3日】KAT-TUN中丸雄一が2日、東京グローブ座にて、セルフプロデュース公演「中丸君の楽しい時間3」のゲネプロ後にPR会見を行った。

No image

(写真 : 中丸雄一 (C)モデルプレス)

【さらに写真を見る】KAT-TUN中丸雄一、星柄スーツで抜群スタイル際立つ

◆中丸雄一、華麗なブラホック外しの極意を語る

以前テレビ番組で、マネキンがつけたブラジャーを1分間に片手で何個外せるかを競う「ブラホック外し対決」を行い、華麗な手さばきが話題を呼んだ中丸。今回演目の一つとしてブラホック外しに挑戦する中丸は「作家さんからやった方がいいと言われてやっているだけで、僕の意志ではありません。ほかのコーナーは僕の意志で固めたけれど、誤解しないでほしい。変態ではないです」と身の潔白を訴えるも「1分で60個外すのを目指したい。世界記録を目指せるものならば目指したい」とやる気をみなぎらせていた。

早く外すコツについては「ブラジャーと考えると緊張感が手に伝わってしまうので、これはただの金具だと考えて外す。3本指でやるといいと聞いたけれど、3つよりも2つの方がロスは少ない」と身振り手振りで熱弁し「僕はこの2ステップ。これが一番効率がいい。リハーサルから毎回練習です」と創意工夫で挑んでいる様子。

このコーナーがあることで「友人や親を呼びづらくなる。“コイツ何をやっているんだ!?”となるはず」とジレンマがあるも「でも僕はスポーツとしてやっているので、誤解はしてほしくない」と訴えていた。

◆「中丸君の楽しい時間3」ライフワーク化に意欲「年に1、2回はやりたい」

構成・演出を中丸自らが手がけるセルフプロデュース公演の第3弾。約1年半ぶりの公演となる今回は、プロジェクションマッピング映像などを駆使してスタイリッシュかつシュールな世界観に磨きをかけた内容。中丸は「今は3の最中だけれど、次のアイデアもスタッフさんとぼんやり話をしている。年に1、2回はやりたい。気持ちはそれくらいある」とライフワーク化に意欲的だった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジャガー横田の夫・木下医師、“新元号”をフライング発表? ネットで批判の声殺到
関ジャニ∞の現在に「渋谷すばるが脱退して良かった」の声が上がる理由
『AKB48』高橋朱里「手ブラ写真集」に“現場で強要”疑惑が浮上!
ウーマン村本 社長に言われた「あのツイッター、どうにかならんか?」
GLAY・HISASHI不倫愛!元あやまんバラドルと朝まで密会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加