大谷面談にジャイアンツの顔、大物ポージーが来た

大谷面談にジャイアンツの顔、大物ポージーが来た

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/05
No image

WBC準決勝 日本対米国 9回裏日本2死、松田宣浩が空振り三振に倒れ日本は敗北する。左は捕手のバスター・ポージー(2017年3月21日撮影)

日本ハムからポスティングシステムでメジャー移籍を目指す大谷翔平投手(23)が4日(日本時間5日)、書類選考で絞った7球団のうちの1つ、ジャイアンツとロサンゼルスで面談を行ったと複数の米メディアが伝えた。ジャイアンツ側から出席したのは球団CEO(最高経営責任者)のラリー・ベアー氏、編成責任者のブライアン・セビーン氏、ボビー・エバンスGM、ジェレミー・シェリーGM補佐、ブルース・ボウチー監督という球団幹部らに、チームの顔でありメジャーのトップスターでもあるバスター・ポージー捕手(30)も加わった。

ポージーは12年首位打者とMVP、16年ゴールドグラブ賞に輝き、球宴に5度選出されたカリスマ性を持つ大物中の大物。その選手がオフシーズンの今、大谷のためにロサンゼルスまで出向いたことに、米国では驚きの声も挙がっている。ポージーは、代理人が大谷と同じCAAであるというつながりもあり、大谷獲得の球団の切り札となりそうだ。

ジャイアンツの面談でのプレゼンの内容は伝わっていないが、4日付のNBCスポーツ・ベイエリアによると、ボウチー監督は「彼を先発投手としても考えているし、打者としてもたぶん300から400打席見込めると考えている」と起用構想を明かしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソフトB東浜 ここで差をつける 年末までハワイ居残り
「通算1千試合登板」の大記録まで残り46試合──中日・岩瀬仁紀が江夏豊に語った投球フォームの一新
オリックス・ドラ2登録名は「K-鈴木」 目標は奪三振王!
ドラ1馬場、ヤジ大歓迎 おとこ気宣言「言われなくなったら終わり」
阪神ドラ1馬場 甲子園ヤジ歓迎 鋼のメンタルで虎党“名物”力に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加