小池都知事が定例会見10月13日(全文1)豊洲移転は来年秋頃

  • THE PAGE
  • 更新日:2017/10/20
No image

小池都知事が定例会見(THE PAGE編集部)

小池百合子東京都知事が、13日午後2時から都庁で定例会見を行った。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

パラスポーツ応援プロジェクト、TEAM BEYONDのBEYOND FES開催

毎日新聞:それでは知事、よろしくお願いします。

小池:それでは私のほうから2点、ご報告がございます。まずオリンピック・パラリンピック関係でありますが、特にパラリンピックでパラスポーツを応援する方を増やすためのプロジェクト、TEAM BEYONDというのがございます。その一環としてTEAM BEYONDのBEYOND FESという催しを渋谷で行います。題しましてBEYOND FES 渋谷でございます。

TEAM BEYONDのメンバーはおかげさまで70万人を超えるに至りました。その上でさらに多くの方にパラスポーツの魅力に触れていただいて、パラアスリートを応援していただくということで日にちは10月の20日から11月の11日までとなっております。渋谷のマークシティ、それから渋谷駅の周辺。ステージで、ステージとか展示など施しましてイベントを実施していくということでございます。このステージイベントでは期間中に渋谷のマークシティの1階、ここにステージを設けますけれども、競技体験、パラアスリートのトークショーなどもございます。渋谷マークシティの4階、京王井の頭線の改札付近の通路などにもパネルをこちらのように展示をいたしまして、年内におきましてパラスポーツの大会や競技の魅力を紹介するというものでございます。渋谷マークシティの壁面、それからスクランブル交差点の街頭ビジョンなどを活用したPRも行ってまいります。

それからパラスポーツを応援したくなる音楽、映像を募集します。BEYOND AWARD 2017、こちらのほうについてのお知らせでございますが、こちらは受賞候補作品に対しまして、10月の20日から11日の5日までウェブ投票を実施いたしますので、候補作品はステージイベントなどでも紹介いたしますけれども、ウェブでの参加で、投票で1等賞を決めるというものになります。詳細のほうはウェブサイトでご覧いただければと思いますが、でもそのサイトを見るだけではなくて、実際に渋谷のほうに足を運んでいただいて、作品などもご覧いただければと、このように思います。

都庁舎職員食堂で、フラッグツアー訪問地のメニューを提供

それからもう1件ですけれども、2020年大会の開催に向けまして、オールジャパンで連携して行う新たな取り組みについてのお知らせでございます。先般、都庁舎の職員食堂で競技会場を有する所在都市のご当地メニューなどを提供させていただきました。大変好評でした。私も各道府県のお昼、ずいぶん日替わりでいただきました。で、今月からは巡回中のフラッグツアーと連動しまして、巡回期間中のうちの数日間、フラッグが回っている場所のご当地メニューをご提供するということでございます。第1弾は、来週の18日からは秋田を回ります。3日間ですけれども、そこで、食堂で秋田県のきりたんぽ鍋などを日替わりで提供するということでございます。これを皮切りにしまして、府県ごとのご当地メニューの提供を、やっぱりまず隗より始めよで、都庁の職員、どうぞ皆さんも、記者クラブの皆さんも含めてですけども、そうやって会場との連帯感、一体感、これも感じていただければと思います。

それから前回催しましたときは、こちら都庁舎側だけだったんですけれども、都議会のほうからも声が上がりまして、ぜひ都議会側の食堂でもやりましょうよということになりまして、都議会議事堂の1階のレストランのほうで、再来年の3月までずっと実施してまいります。2020大会の開催1000日前ということも控えておりますので、今後ますます大会準備は加速していきたいと考えています。で、全国の自治体と連携して、食、食べるほうですけれども、その力で日本全体を盛り上げていきたいという、こういう考え方でございます。これがまず1件。

11月15日~17日まで、シンガポール出張

次が海外出張についてのお知らせでございます。11月の15日の水曜日から17日まで、今回はシンガポールへ出張することといたします。これはシンガポール政府からLee Kuan Yew Exchange Fellowshipという、その組織からのご招待ということでございまして、これでシンガポールを訪問することといたします。このフェローシップですけども、海外から国や都市の発展を担う人物をシンガポールに招待をして、シンガポールの経済、社会インフラなど、整備などに関してのさまざまな取り組みへの理解を深めてもらおうというものだそうでございます。大変光栄に感じるところであります。で、フェローシップにおけるこのプログラムの中にはシンガポールの要人との面会、視察などもさせていただくこととなりまして、またシンガポールの取り組みを直接体験したいと考えております。

例えばシンガポールで有名なのは水ですね。トイレの水も飲むと、飲めるぐらいに浄水がするということでも有名でありますが、もっとも使われているのは日本の技術だったりもするんですが、そういったことなど、戦略的な国家運営で知られるシンガポールでございますので、あらためて、東京よりも小さい都市なんだけれども、非常に活発に行っているということで、学ぶ点も多いかと思っております。私も何度も行っておりますけども、あらためてこのご招待を受けて、今日の一番新しいところのシンガポールを確認していきたいと、このように考えております。

それからせっかくということで、シンガポール国立大学から講演のご依頼がございます。シンガポール国立大学というのは、さまざまなランキングでアジアナンバーワンと評価される、世界有数の大学でございます。優秀な学生を輩出している大学でございますので、そこでしっかりと講演、日本の考え方などについて講演をし、また意見交換をしていきたいと考えております。

それからモルガン・スタンレーの主催になりますけれども、 Asia Pacific Summitというものが開かれます。そこで、Asia Pacific Summitで、ちょうど投資家とか企業の方々が大々的に参加するイベントということもこれあり、このあと東京国際金融都市構想に関しての懇談会が今日も開かれますけれども、そういった中身をむしろPRをしてくるつもりでございまして、外国企業の誘致、投資を促してまいりたいと考えています。

シンガポールについてはあらためて言うまでもなく国際金融都市としてもトップクラスでありまして、一時期は東京がトップだったんですけれども、いつの間にかシンガポールのほうに抜かれてしまったなどということもあります。あらためてシンガポールの今の状況を見ていきたいと考えております。ということでシンガポール出張、11月15から17ということでございます。私から以上であります。

安藤副知事の参与に選任された件について

毎日新聞:幹事社の毎日新聞の〓ヒオカ 00:10:57〓でございます。よろしくお願いします。2点お伺いいたします。まず、安藤副知事の参与に選任された件についてお聞きいたします。市場移転問題で知事が決められた基本方針の筑地再開発について助言を受けられるということですが、参与選任の狙いなどについてお聞かせください。

小池:安藤副知事はこれまでも何人もの知事に仕えてこられたということのみならず、東京都の特に都市整備局を担当する副知事として、これまでも築地の問題を含めて対応していただいてまいりました。築地は将来の東京にとりまして、極めて重要な役割を担うエリアであるということについては言うまでもございません。そして築地の再開発については、築地のエリアが有する食文化、浜離宮の景観、水辺の魅力、そして都心に近いといったような地域の特性、ポテンシャル、十分に生かしていくためには、幅広く知識があって経験があるというのは非常に大きな意味があるということでございます。また、今、申し上げましたように、都市整備局を担当する副知事として今回の筑地再開発の検討に当たって、直接、私を補佐していただいてまいりました。

これから検討が、きのうはキックオフということで、皆さんとても自由に発言をしていただいて、全部、それは公開をさせていただいているところでありますけれども、これから築地再開発の検討に当たっては、副知事退任後でも引き続きこの課題についての助言を受けたいということから、安藤氏を東京都参与に選任をさせていただいたということでございます。ご本人も築地に対しての思いも大変熱いものがあろうかと思いますし、やはりあれだけの大きなエリアになりますので、東京にとりましてもここの再開発というのは非常に重要な課題でございます。引き続きこれまで蓄積されてこられました、さまざまな知見、人脈などなど生かしていただきたいと、私は大変期待をいたしているところであります。

具体的な豊洲移転の移転時期

毎日新聞:その関連なんですが、昨日、築地再開発検討会議、初会合がございました。豊洲移転の移転時期について、知事、これまで、来年の6月以降との見通しを示されておりますが、移転の前提となります土壌汚染対策追加工事の一部で入札中止という事態も起こっております。こういった状況を鑑みて、具体的な移転時期について、いつごろを想定されてございますでしょうか。

小池:基本的に、この追加対策工事、今、お尋ねの件でありますけれども、早期に工事、実施できますように、これまで補正予算を組んでいただいて、速やかに契約手続きを進めてきたところでございます。ご指摘のように一部契約で入札中止の部分がございますけれども、しかし全体を見ますと、豊洲市場への移転時期に影響を与えることはないと、このように考えております。追加対策工事でありますけれども、こうした契約も含めて、これからも適切に対応するようにしていきたいと考えております。ということで、その旨、関係局のほうにも、先ほども指示をさせていただいたところでございます。

毎日新聞:当初、局長会議では来年春から秋という見通しを示されて、知事は6月までに工事が終わって、それ以降ではないかというお話がありましたが、というと6月以降、来年秋ぐらいまでというようなイメージでしょうか。

小池:だいたいそういうイメージのままで結構かと思います。それからあとは、それぞれ、業界の忙しいとき、繁忙期否かというところも、実際にお移りになるのは業界の方でございますので、皆さま方とのコミュニケーションをよく取りながら、ご意向などをしっかり伺いつつ進めていきたいと考えております。

毎日新聞:分かりました。各社にお願いがございます。今から質問されたい方は挙手をいただきまして、知事より指名を受けられた方が社名、氏名を名乗ってご質問ください。それでは各社どうぞ。

【連載】小池都知事が定例会見2017年10月13日 全文2(https://thepage.jp/tokyo/detail/20171013-00000015-wordleaf)へ続く

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テルモの医薬品工場 機械に上半身挟まれ男性死亡
パートナーに蹴られた盲導犬、無事保護され嬉しそうに駆け回る姿が公開!
東京タワーの下で「スミマセ〜ン」振り向いたら丸出しの外国人 港区
韓国高速鉄道、時速300キロで走ったら線路の破損が5倍に激増=韓国ネット「つまりは手抜き工事」「中国の高速鉄道を輸入して」
鴨川シーワールドホテル 宿泊客58人が食中毒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加