巨人・小林 糸井刺す「意識してアウトに」盗塁阻止率12球団トップの誓い

巨人・小林 糸井刺す「意識してアウトに」盗塁阻止率12球団トップの誓い

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/01
No image

巨人・小林誠司捕手(27)が30日、オリックスから阪神にFA移籍した糸井嘉男外野手(35)に“宣戦布告”した。今季53盗塁の快足スラッガーに対し、12球団トップの盗塁阻止率・356を誇る強肩捕手は「チームで(盗塁を)防いでいかないと。意識してアウトにしたい」と誓った。

糸井の話題に、目の色が変わった。「足も速く、ロングも打てる。トップクラスの選手。パの選手はどんどん走ってくるイメージもある。今季のセは広島くらいだったけど、パの選手は(広島より)もっと走って来る」。両リーグでの盗塁王も視野に入れるライバルに、警戒心を示した。

盗塁阻止は投手との共同作業だが、捕手の見せ場であることは間違いない。球界No.1の肩を持つ小林誠も、阻止率アップへの意識は高い。今季で現役を引退した鈴木尚広氏(38)からは走者目線での助言を聞くなど、快足選手への対策を練り直している。

この日は、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレ。捕球体勢からのスローイング練習にも時間を割いた。「今年はコントロールにばらつきがあった。より精度を高めるために、下半身の使い方をもっとよくしないといけない」。武器を磨き、糸井を徹底的に封じ込めるつもりだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
静産大は3発発進!環太平洋大撃破で2回戦へ...藤田、斉藤、栗田がゴール(20枚)
北條、病院訪問で子供たちに活躍誓う
FA史に残る嫌われ者!? 巨人移籍のDeNA山口に「出て行ってよかった」の大合唱
「神ってる」のは大谷翔平より松坂大輔!不条理な年俸格差に野球ファンがぶ然
大谷翔平が来オフにMLB行きを決断したらどうなる? 米メディアが解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加