ファットバイクなのに折りたたみOKの『RadMini』!しかも電動アシスト付きなのが嬉しいね

ファットバイクなのに折りたたみOKの『RadMini』!しかも電動アシスト付きなのが嬉しいね

  • DIGIMONO!
  • 更新日:2018/02/13
No image

掲載:d.365

平坦じゃない地形でもなんのその、ぶっといタイヤでグイグイと走破できる「ファットバイク」。タイヤばかりかフレームまで大柄なモデルが一般的だが、そんな常識を打ち破る折りたたみ式、しかも電動アシスト付きのファットバイクが実はあるのだ。それが『2018 RadMini Electric Folding Fat Bike』。名前の通りこちらは2018年モデルとなる。

【詳細】他の写真はこちら

折りたたみ式ながら、4インチ(約10cm)幅のファットタイヤを装着する『RadMini』。しかし、タイヤサイズをやや小径の20インチとしたことで、うまい具合に本体もサイズダウン。小型化によって損なわれがちな乗り心地は、プリセット調整が可能なフロントサスペンションによって補われているようだ。

後輪に搭載する出力750Wモーターと、フレーム中央に備える14Ahバッテリーの組み合わせは、最高時速20マイル(最高時速約32km)での走行を実現する。アシストレベルは5段階から選択可能。モーターでの航続距離は25〜45マイル(約40〜72km)だそう。7速変速仕様のギアはシマノ製だ。

折りたたみ機構はフレーム中央で半分になる仕組みが採用されている。折りたたむと小型な自動車でも運べそうなサイズに。もちろん運搬時だけでなく、使わない時には折りたたんでおけば、収納スペースの節約にもなるだろう。

気になるお値段は、1499ドル(約16万3000円)。製造元であるRad Power Bikesの直販サイトにて販売されている。ただ、アシスト時のスピードを考えると日本の公道での乗用は難しそうだ。

関連サイト
RadMini

text塚本直樹

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「やだ......Googleって便利すぎて怖くない?」 PCど素人の女子高生、Google先生の圧倒的支配力にとまどう
自分のパスワードが流出してないか調べられるサイト登場!パスワード使いまわしてない?
日本の家電製品にほとんどついている「2つの穴」、そんな大きな意味があるなんて知らなかった!=中国メディア
Googleの存在感、スマートディスプレイ、CES2018で見えてきたスマホの最新トレンド
結局、ルンバってどうなの? 「買うべき/買ってはいけない」掃除機
  • このエントリーをはてなブックマークに追加